名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

しゃくれているの原因と治し方

しゃくれとは、下アゴが前に出ているため、横から見たときに三日月型のような形となる状態のこと。

歯科矯正で一定の改善を目指せますが、骨切りをしない限り大きな変化は望めないことが多いです。アゴの外科手術が必要となる典型的な症例です。

しゃくれの原因

遺伝

親族にしゃくれの人がいる場合、遺伝の影響によって、自身もしゃくれとなることがあります。

上下の歯の位置

上の前歯に対し、下の前歯が前方に生えている場合、しゃくれのような形になることがあります。厳密に言えば、しゃくれではなく受け口と言われる状態です。

クセ

噛むときに下アゴを前に突き出してしまうクセや、舌で下の前歯を押し出してしまうクセが、成長過程で長期的に続いた場合、徐々にしゃくれ・受け口のような形になってしまうことがあります。

しゃくれの治し方

しゃくれを治す骨切り術として、形成外科や美容外科では主に「ルフォーⅠ型+垂直骨切り術(IVRO)」という方法か、または「下顎枝矢状分割術(SSRO)」という方法が用いられます。

ルフォーⅠ型+垂直骨切り術(IVRO)

ルフォーⅠ型とは、上アゴの骨を水平に切って、骨を前や後ろに移動させる手術。そして、垂直骨切り術(IVRO)は、下アゴの骨を垂直に切った後、すき間を埋めるようにして下アゴを後ろへ移動させる手術です。

垂直骨切り術(IVRO)でしゃくれたアゴを後ろへと引っ込ませ、ルフォーⅠ型で下アゴの位置に合わせるように上アゴを調整すれば、しゃくれのない口元へと仕上がります。

ルフォーⅠ型の詳細はこちらから≫

垂直骨切り術(IVRO)の詳細はこちらから≫

下顎枝矢状分割術(SSRO)

下顎枝矢状分割術(SSRO)とは、下アゴ(耳下)の骨を切り、骨全体を後ろに移動させてから固定させる手術のこと。下アゴ自体は後ろに引っ込むので、しゃくれの状態を改善させますが、人によっては上アゴの前歯が出っ歯のような形で残ってしまうことがあります。これを改善させるため、上の前歯に対して歯列矯正を併用することがあります。

下顎枝矢状分割術(SSRO)の詳細はこちらから≫

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。