名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

小顔整形手術・エラ削り

顔が大きな印象も与えることもあるエラが張った顔の輪郭。ときには、頑固なイメージや我の強い印象を与えこともあるようです。メイクで隠すことも難しく、フェイスラインを変えたいと思う方は、エラがなければいいなと悩むこともあります。そこで、美容整形で行う「エラ削り」は、小顔ですっきりとした顔立ちになり、やさしい表情が作りやすくなります。半永久的な効果が期待できる小顔造りで知られる「エラ削り」の施術内容について解説していきます。

美容整形の「エラ削り」とは

「エラ削り」は、顔面輪郭形成術と呼ばれる美容整形の施術方法のひとつです。エラが張っている、フェイスラインを整えたい、ホームベース型の輪郭を直したい、小顔にしたいときや顔の輪郭もやわらかい印象にする効果があります。そこで、半永久的な効果が期待できるのは、美容整形の中でも「エラ削り」です。

この「エラ削り」は、顔の輪郭を形成している「骨」や「筋肉」、「脂肪」ですが、エラ削りは骨削りや骨切りなどの方法で、骨の形を小さくしたり整えたりします。

一般的な「エラ削り」の施術方法は、口の中を切開し、下あごのエラの骨や筋肉を切除することで実施されます。手術方法には、「口外法」と「口内法」の2種類の方法から選択されますが、近年では「口内法」のほうが主流となってきました。「口外法」は、エラの皮膚の一部を直接切って骨を削る方法ですが、「口内法」は口の中から骨を削ります。

参考:(PDF)「独立行政法人 国民生活センター「第2回 美容医療の実際と問題点(2)」

エラ整形で「骨を削る」施術方法について

エラ削りの施術の手順では、カウンセリングを行い目標とする輪郭のシミュレーションを作ることからはじまります。顔の輪郭も、整形したいデザインも一人ひとり異なりますから、「フェイスラインのイメージ」を決めます。その後、レントゲンや3D立体装置等を使い、骨や筋肉のはくりや切除量を決定し、全身麻酔に口内法か口外法かで施術を行います。

口内法の場合

口内法でエラ削りを行い、顔の輪郭を成形する場合には、下顎の歯茎の部位から下を切開します。そこから、エラ張りの原因になっている骨膜や筋肉を剥離(はくり)していきます。エラ張りの周囲の剥離がしっかりと行われていないと、シミュレーション通りの輪郭になりにくいこともあります。

エラ張りの原因になっている骨膜や筋肉を剥がした後、専用の扇形のこぎりを使用し、フェイスラインのイメージに合わせて下顎の骨を削っていきます。圧迫止血のために、ドレーン管を使って血腫の発生を防ぎます。

施術時間は、約2時間が一般的で、全身麻酔を使用した手術のため、約3~4日間の入院を必要とします。全身麻酔で行う手術ですから、術中の傷みはありませんが、約2~4週間は施術部位に強い腫れを伴うでしょう。

また、開口手術になるため、手術後には一時的な顔面神経麻痺が発症することもあります。2週間ほど経過しても症状が変わらない場合には、回復まで6か月ほど必要な場合もあるでしょう。

口外法の場合

口外法の場合には、口の中からエラの骨を切るのではなく、耳の裏から施術します。フェイスラインのイメージを作り、輪郭などを決めた後、耳裏のシワの部位に、3~4cmほど切開します。その後、下顎の骨を剥離して厚みを減らしながら、顔の輪郭や選ぶ分の幅を整え、エラの骨を切除していきます。手術後には、フェイスバンドを使用して、3日~1週間ほど固定しておきます。

口内法とは異なり、手術時間やダウンタイムも比較的短いことで知られる整形手術のひとつで、食事制限などもありません。また、剥離する骨や筋肉も少なく、痛みや晴れも少ない手術になるので、日帰り地用が可能です。さらに、耳の後ろを切開しますが、時間の経過とともに手術跡は目立たなくなり、永久的な効果が期待できます。

咬筋切除術やバッカルファット術を併用する場合

気になるフェイスラインで、エラ張りの原因が骨だけではなく、筋肉の付き方が関係している場合には、効果的なのはエラ削りに併用する方法を取り入れることです。「エラ削り」と咬筋切除術やバッカルファット術を組み合わせて、より理想的なフェイスラインや輪郭を作ることもできます。これは、正面からみた顔の輪郭を補足するのに効果のある方法で、骨とともに筋肉も切除します。

口内法の施術の流れと同様に施術をはじめます。この施術の場合、出血量が多目であることが考えられるため、しっかりとした医療体制が整っていることも必要です。

施術内容の違いで見る「エラ削り」の効果

エラ削りは、美容外科で行われる手術になっています。エラが張ったフェイスライン、頑固なイメージなど、フェイスラインを変えたいときに行う「エラ削り」の手術は、機能的には支障がなくても、気になってしまう場合や精神的負担があるというときに、美容形成を目的とする医療です。

参考:「日本美容外科医師会事務局 美容外科とは」

口外法と口内法、もしくは併用する方法であっても、小顔になりたい、理想のフェイスラインを目指したいなど、効果が期待できる手術です。しかし、身体の表面に傷が残らない口内法でも、全身麻酔での手術や入院の必要があること、術後の制限や半永久的な効果になることなどを想定しておきましょう。

対照的に、口外法は横顔も正面から見たときの輪郭も、バランスの良いフェイスラインを作りたい方におすすめです。また、口内法よりも喘以降率が高いとも言われる手術方法とはいえ、施術が目立たなくなるとはいえ、傷跡や皮膚のゆがみが残ってしまう可能性も考えられます。

エラ削りの施術方法を選ぶポイント

「エラ削り」でフェイスラインや輪郭を整えたいという場合でも、エラが目立つ、気になる原因をしっかり調べてくれる医師と治療方法を進めることが必要です。骨を削ってエラを目立たなくすることが最善か、咬筋切除術だけでも可能かなど、趣味レーションも含めてゆっくり考えることが大切になります。

しかし、担当医師の施術によっては、テクニックの違いが出てしまうこともあります。美容整形手術の中でも、エラ削りの施術は骨や筋肉を剥離、切り取るため、元に戻すことが難しい手術です。高い技術が求められることや回復や効果を考え、術後のリスクを考慮したうえで医師を選ぶことがポイントです。