名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

小顔整形手術・脂肪吸引

 小顔になるための施術・脂肪吸引って?

脂肪吸引とは、カニューレ(脂肪吸引管)と呼ばれる細い管を脂肪層内に刺して脂肪を吸引する方法。脂肪を部分的に減らしてボディラインを整えたいときの施術です。

あご周りや頬の余分な脂肪をピンポイントに取り除くことが可能! フェイスラインをすっきりとさせ、見違えるような小顔になれる。効果的な小顔整形方法です。

手術は部分麻酔で行われることが多く、10~30分ほどで終わる手軽なもの。当日からシャワーも可能です。ただしフェイスラインを整えるために顔を圧迫・固定するので、顔や髪を洗って良いのは数日後からになります。

あごの脂肪を吸引する場合はあごの下、頬の脂肪を吸引する場合は耳の裏から。脂肪層内に挿入した極細のカニューレから、止血効果のある麻酔薬で柔らかくした脂肪細胞を吸引します。

カニューレの挿入部には1㎝以下の小さな傷ができるだけで、ボディの脂肪吸引に比べ痛みも少ないためリスクは少ないといわれています。

脂肪吸引はこんな人におすすめ!

脂肪吸引は、頬がぽっちゃりとしていている方、ダイエットをしてもなかなか顔に効果が出ず、たるんだ二重あごや頬が引き締まらない、顔が太りやすいと悩んでいる方におすすめです。

頬骨やエラが目立つといった、骨格のつくりが原因で顔が大きくみえる場合は、ほかの方法が効果的。脂肪吸引に向いているかどうか判断できず悩んでいる方は、カウンセリングで医師に診断してもらってはいかがでしょうか。

エラ削りによる小顔整形・費用を見る≫≫

痛みは?ダウンタイムは?持続時間は?

手術中の痛みに関しては、麻酔を使用するため全くありませんが、術後の痛みについては「軽い筋肉痛程度」という方がほとんど。もちろん個人差もありますが、痛みを感じたという方でも「痛み止めを飲んで治まる程度」ということなので痛みの程度は、あまり心配はないようですよ。

術前と術後はどうしたらいいの?

脂肪吸引の手術前

どのクリニックでも指導される基本的な注意点は、まずは飲食に関することです。

手術前日はアルコールの飲み過ぎに注意すること。これは麻酔への影響を少なくするための大切な注意事項。手術中の痛みをとるだけではなく、より安全に手術するための麻酔ですから、とても大事なことです。

詳しく説明すると、アルコールが麻酔分解のメカニズムを阻害することが理由です。麻酔を分解するのはアルコールと同じ肝臓です。アルコールのせいで肝臓に負担がかかったままだと麻酔の分解にも時間がかかってしまうためです。

もうひとつは、食事。手術前の最後の食事は最低でも6時間前には終わらせるというものです。麻酔の影響で吐き気が出た場合、消化されていない胃の食べ物が気管をふさいでしまう「誤嚥(ごえん)」による窒息のリスクを避けるため。胃を空っぽにしておいてくださいねということです。

ほかにも、ゆっくり睡眠をとり体調を整えることなどが書かれた注意事項をクリニックからわたされると思います。それらすべては、安全な手術を行うために必要なことですから、厳守してください。

脂肪吸引の手術後

手術当日は、術後の腫れを抑えるため、皮膚がでこぼこになるリスクを避けるために、フェイスバンドを着けて帰宅します。術後3日間は、家で安静に過ごすほうがよいかもしれません。シャワーはできますが、腫れのピークなので見た目も気になります。

4~7日ほどで腫れが引いてきて、メイクもできるようになります。8~14日ほどで見た目の違和感がなくなり、普段通りの生活に戻ることができます。15~30日すれば、フェイスラインが整った小顔が安定し、効果を実感できます。

施術直後はもちろん、効果が安定するまではマッサージや紫外線を避けたほうがよいでしょう。どれくらいの期間、どんなふうに注意をしたらいいのかを医師に確認して、従ってくださいね。