名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

頬骨がはっている原因と治し方

頬骨がはっていると、顔の印象がややキツくなります。また、ゴツゴツした男性的な顔の印象となったり、実年齢よりも老けた印象となったりすることもあります。頬骨が前にはっているのか、それとも横にはっているのかによっても、顔の印象が変わります。

美容上の問題だけではなく、中には受け口が原因で慢性的な痛みを抱える人もいるため、可能であれば骨切り等による治療が望まれます。

頬骨がはるのは2カ所

同じ頬骨のはりでも、はっている方向によって印象が異なります。

前にはっている

目尻の下のあたりから、前に向けて頬骨がはっているタイプ。頬骨の中の「頬骨体部」と呼ばれる部分の突出が原因です。正面から見たときの印象としては、頬骨のあたりにやや陰影が生じるものの、さほどの違和感はありません。ただし斜めから顔を見たときには、頬骨が前にはっていることが分かります。

横にはっている

左右の頬骨が横に向けてはっているタイプ。頬骨の中の「頬骨弓部」と呼ばれる部分の突出が原因です。

頬骨が左右の外側に向けて突出しているため、正面から見たとき、顔がゴツゴツとした印象となったり、顔が大きくなった印象となったりすることがあります。

頬骨を小さくする方法

「頬骨がはっている」のは骨格の問題であることが多いため、骨切りで治すことができます。

頬骨体部骨削り術

上の歯ぐきの左右にメスを入れ、頬骨体部を大きく露出させます。その後、オステオトームと呼ばれる医療用のノミを使い、5~6mmほど頬骨体部を切除。左右の頬骨のバランスを考慮しつつ、自然な湾曲をイメージしながら削っていきます。

削った後に術部を洗浄・止血のうえ、歯ぐきの切開部を縫合して手術は終了です。

頬骨体部骨削り術の詳細はこちらから≫

頬骨弓部骨切り術

耳の上から切開して頬骨弓部を露出させ、医療用のノミを用いて突出部分を削り、縫合して終了です。ただし頬骨弓部は非常に薄い骨なので、削るだけでは十分な効果を得られないこともあります。

その場合には、口の中からもメスを進めて頬骨弓部自体を切り落とし、その後、頬骨弓部を顔の奥へと移動させて固定します。

頬骨弓部骨切り術の詳細はこちらから≫

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。