名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

ガミースマイルの原因と治し方

ガミースマイルとは、笑ったときに上の歯ぐきが大きく露出する状態のこと。受け口などとは異なり、不正咬合などの健康上の問題の原因にはなりません。あくまでも患者の悩みは審美性です。

美容上の問題だけではなく、中には受け口が原因で慢性的な痛みを抱える人もいるため、可能であれば骨切り等による治療が望まれます。

ガミースマイルの原因

骨や歯の形・大きさ

上アゴの骨がタテに長い場合や、上アゴの骨や歯が前に出るような形で発達している(いわゆる出っ歯)の場合、ガミースマイルとなる場合があります。骨や歯の形・大きさに対して、上唇が足りない状況です。なお、上アゴや歯の形・大きさは、遺伝の影響を受けることがあります。

上唇の筋肉や長さ

クセなどにより上唇の筋肉が発達しすぎた場合、笑う時やしゃべる時などに、上の歯ぐきが露出してガミースマイルになることがあります。また、もともと上唇の長さが短い人も、ガミースマイルとなる場合があります。

上の歯ぐきの発達

上の歯ぐきが極端に成長し、歯ぐきが歯に覆いかぶさるように発達している場合、ガミースマイルになることがあります。上の歯ぐきが極端に発達する原因の一つとして、遺伝が挙げられます。

ガミースマイルの治し方

「ガミースマイル」は骨格や歯並びの問題であることが多いため、歯列矯正や骨切りで治すことができます。

常に前歯が見える場合

上アゴの歯ぐきの付け根を左右に大きく切り開き、上アゴの骨を露出させます。その後、頬骨のすぐ下あたりの骨を耳の方向に向けて水平に切り、上アゴの位置を調整して歯ぐきを目立たないようにします。

ルフォーⅠ型の詳細はこちらから≫

唇が上にめくれ上がる場合

前方に突出した歯ぐきを後ろへ下げるため、上の前歯や、上の前歯を支える歯槽骨を後ろへと移動させます。Wassmund法と呼ばれる骨切り術(上の歯ぐきを後ろに移動させる)や、矯正歯科による歯列矯正で改善を目指すことができます。

上顎が長い場合

「ルフォーⅠ型」で上アゴの骨を移動させれば、一定の改善を図ることができます。症状が重い場合には、下顎の骨切り(下顎枝矢状分割術や下顎枝垂直骨切り術)を併用することで、より高い改善効果を得ることができます。

ルフォーⅠ型の詳細はこちらから≫

下顎枝矢状分割術(SSRO)の詳細はこちらから≫

垂直骨切り術(IVRO)の詳細はこちらから≫

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。