名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

小顔ときれいなフェイスラインをつくる脂肪吸引&Vライン形成術

エラが目立たない小顔できれいなフェイスラインにしたいなら、脂肪吸引とVライン形成術がおすすめです。

切らない小顔をつくる Vライン形成術が人気

憧れてしまうきれいな卵型のフェイスラインは、小顔に見せるメイクでは作りにくく、Vライン形成の手術がおすすめです。Vライン形成術では、フェイスラインの輪郭をシャープにし、小顔に見える輪郭にしたいときに効果的な手術とされています。

きれいなフェイスラインに憧れているのに、あごや頬骨が出ている、あごが引っ込んでいる、エラが目立つなどは悩みになっていることもあります。メイクでは隠せない気になる部分には、骨格や輪郭を整形する切開手術が一般的でした。そこで、吸引した脂肪をあごに入れて、きれいなVラインを作る施術が注目されています。

そこで、きれいなVラインを作るために脂肪吸引を行い、フェイスラインを整えるための脂肪を注入する方法を検討することができます。顎削りやエラ削りも一般的な美容整形手術ですが、切開してしまう手術には完全な回復まで時間がかかることが特徴です。そのため、Vライン形成術はダウンタイムは少し長めですが、小顔やきれいなフェイスラインが手に入れやすい吸引した脂肪の注入はチェックしておきたい施術方法になります。

参考:日本美容外科医師会事務局:美容外科とは

切らない小顔になる!Vライン形成の手術内容は

Vライン形成の手術は、切らなくても小顔を目指せる美容整形手術のひとつです。一般的な手術は、耳の下からあごにかけてラインを整える方法で施術されます。脂肪をあご先に入れてVライン形成の手術を行います。また、頬骨の下のへこんだ部分、つまりこけた部位に脂肪等の注入により、きれいでシャープな卵型のフェイスラインに仕上げることが可能です。

このVライン形成は、「小顔形成術」のひとつで、韓国では一般化している美容手術として注目されています。とくに理想のあごや輪郭、フェイスラインをシャープにしたいときにおすすめな手術です。さらに、若さとかわいらしさのある輪郭の小顔を目指したいときにも、Vライン形成はおすすめな手術といえるでしょう。

しかし、目標とする顔のラインや理想の輪郭にするため、今の骨格を調整し骨削りを行う施術方法を採用することもあります。これは、イメージしているフェイスラインに合わせて、オトガイ形成といわれる顎削りや下顎角形成のエラ削りにより、輪郭を仕上げるものです。

あごや頬の脂肪吸引

「下膨れ」や「二重あご」が気になるのは、頬やあごは痩せにくい部分だからでしょう。ダイエットしてもフェイスラインが変わらない、効果が上がらないと思えるときに効果が期待できる手術です。

この施術では、極細カニューレを目立たない部分から挿入し、気になっている頬やあごの脂肪を吸引します。脂肪吸引で緩んだ皮膚を徐々に引き締めながら落ち着かせるので、肌がたるむことは心配せずに済みます。

こめかみをふっくらとさせる形成術

実際の年齢よりも老けて見える傾向があり、「疲れてるの?」と頻繁に聞かれてしまうほど疲労のたまった印象を与えることがある「くぼんだこめかみ」。この場合は、頬骨のでた部分やエラが目立つ部分に、ヒアルロン酸注入により形成することが可能です。

これは、10分ほどのヒアルロン酸の注入でこめかみの周囲を形成し、効果は約1年間持続させることを目指した施術方法です。半永久的な効果を望む場合は、こめかみの生え際を切開し、プロテーゼを挿入する施術方法が採用され、こめかみのくぼみを解消します。

脂肪注入やヒアルロン酸の注射で頬をふっくら

不健康に見えてしまうこけた頬に、脂肪注入やヒアルロン酸の注射で頬をふっくらと見せることにより、若々しくかわいらしい輪郭を作ります。時短な上に簡単に施術できるヒアルロン酸や脂肪による注入法は、加齢による肌をかいふくさせ、きれいなフェイスラインに変える効果が期待できる人気の施術方法です。

エラ骨削り

頑固なイメージになるエラの張った輪郭。エラの骨を削り、輪郭を整えます。フェイスラインはすぐに変化し、すっきりとしたやさしい印象の顔立ちになります。切開による手術で、出っ張ったエラの骨と周辺の筋肉を削る手術です。

頬骨削り

輪郭の形成やきれいなフェイスラインに欠かせない頬骨削り。突き出た頬骨の余分な部分を削り、顔全体と目標とするフェイスラインとのバランスに変えていきます。頬がこけて見えるのは、老けて見られる傾向があります。また、頬骨を整えるのは、小顔づくりと鼻を高く見せる効果も楽しむことができる手術のひとつです。

あご骨削り

顔全体の印象を左右するポイントのあごを「長過ぎる」、「突き出た」という悩みを解消します。あご骨削りの場合は、傷が目立たないように口の内側から切開し、あごの骨を削り取ります。フェイスラインだけでなく、顔全体の印象を変えるのに効果的な手術です。

Vライン形成のダウンタイム

美容整形であっても切開手術では、回復に時間がかかることもあります。しかし、Vライン形成の手術内容は、ダウンタイムも長めに見ておくことが必要です。とくに、骨削りやプロテーゼ挿入の場合には、手術後の腫れや内出血が起きないよう注意すること、症状が重症化しないように注意が必要です。個人差があるものの、3週間~1か月程度のダウンタイムが可能になるようにスケジュールを調整しておきましょう。

切らない小顔Vライン形成術のメリット

「脂肪吸引で小顔が作れる」、「きれいなフェイスラインに変えられる」という、Vライン形成には数多くのメリットがあります。

最大のメリットは、女性らしい小顔形成が可能になるので、フェイスラインがすっきりします。さらに、シャープなラインが、小顔効果を高めます。女性らしい雰囲気が強調されるので、ヘアスタイルのアレンジやかわいらしいメイクなどを楽しむこともできます。何より、今まで気がかりだった顔のラインを整えることができ、自信を持つことにもつながるかもしれません。

あごや頬などの骨格に原因があるときやエラの周辺筋肉が発達していくとき、また顔の脂肪や皮膚のたるみが目立つときには、「脂肪吸引」と注入による「Vライン形成術」で解消することを目指せます。

これは、フェイスラインを整えるために効果が期待できる施術方法です。顎削りやエラ削りも一般的な美容整形手術ですが、回復まで時間がかかることも考えて、小顔を目指した脂肪吸引による美容形成はチェックしておきたい施術方法になります。