名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

小顔整形手術・バッカルファット除去

 小顔になるための施術・バッカルファット除去って?

バッカルファット除去法の「バッカルファット」とは、エラ切りの際に頬の部分の深いところから発見された、皮下脂肪のさらに奥にある脂肪のかたまりのこと。これを除去する美容整形手術方法です。

口の中を数ミリから1~2センチほど切開し、そこから脂肪を取り出し適量を除去します。皮下出血などもなく、ダウンタイムも少ないので日常生活にもほぼ支障がありません。

取り出すバッカルファットの大きさなどによって変わりますが、手術時間は30分程度で終わり、洗顔やシャワー、メイクは手術直後から可能。食事も口の中を清潔に保つことができれば、普通の食事をとることもできるそうです。

麻酔は基本的には局所麻酔ですが、痛みや手術の恐怖心を抑えるために笑気麻酔や静脈麻酔を使用することもあるそうです。溶ける糸を使用するため抜糸の必要はなく、口の中からの施術のため、肌表面は傷つけません。そのためメイクも手術直後からOK、傷跡の心配とも無縁です。

また、バッカルファット除去は老化予防効果も大! バッカルファットが頬の深い部分やこめかみにある脂肪のかたまりで、加齢によって衰えると下垂し、ほうれい線やたるみの原因になるからです。取り除くことで将来のたるみの予防につながることから、 20代30代で手術する人も多いといいます。

少ないリスクでできて小顔効果が高く、エイジングケアとしての効果も期待できるのがバッカルファット除去施術なんです。

バッカルファット除去はこんな人におすすめ!

バッカルファット除去は、頬の部分の脂肪が多い人が施術を受けると効果的です。

痛みは?ダウンタイムは?持続時間は?

ダウンタイムはほとんどなく、腫れは半日程度で引き目立たなくなります。バッカルファット除去で腫れる人は少なく、もし出ても抜歯したあとの腫れ程度だそうです。そのため、メイクや洗顔は当日から可能です。

ただし、口の中には小さな傷ができるので、食後は口腔洗浄液で消毒をする必要があります。また術後5日間程度は、念のため、酸味のあるフルーツなどの刺激物は避けたほうがよいかもしれません。

術前と術後はどうしたらいいの?

バッカルファット除去の術前

術前の食事制限などはとくにありませんが、妊娠中や妊娠の可能性のある方は施術できません。

バッカルファット除去の術後

メイク、洗顔は当日から可能です。当日シャワー可、入浴は翌日より可能です。腫れがある場合は、腫れが引くまで激しい運動やアルコールは控えたほうがよいそうです。