名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

アゴがない原因と治し方

アゴなしとは、上アゴや下アゴの位置の問題で、下アゴが足りないように見える状態のこと。

単に下アゴが後ろに引っ込んでいる場合だけではなく、上アゴと下アゴが両方とも前に付き出ているような場合でも、アゴなしに似た印象になることがあります。

アゴなしの原因

遺伝

遺伝的に、上下のアゴの骨が大きい場合、口が前に突出した形になることがあります。この場合の見た目が、アゴなしに似た印象になることがあります。

筋肉

口の周りの筋肉が弱い人の中には、アゴなしの印象となる人もいます。

口呼吸やアデノイド(扁桃肥大)

口呼吸のクセがある人や、アデノイド(扁桃肥大)の症状がある人の中には、アゴなしの印象となる人がいます。

なおアデノイドは、通常、幼児期に改善・治療する必要があります。

アゴなしの治し方

「アゴがない」状態は医療用語で上下顎前突(じょうがくぜんとつ)と呼ばれます。顎がない状態は骨格の問題であることが多いため、骨切りを伴う外科矯正か、骨切りのみの施術で治療することができます。

上・下顎前歯部歯槽骨切り術(分節骨切り術)

口が前に突出している方に適応できる手術。

上下の第一臼歯(きゅうし)を抜歯したのち、そのすき間に合わせるように、上下のアゴの骨を切除します。すき間を埋めるような形で、上下のアゴの骨を後ろへと移動。移動させた骨を固定させることで、前に突出した上下の口が平坦な形に矯正されます。

その結果、下アゴが前に出たような印象となり、アゴなしが改善します。

オトガイ形成

単純に下アゴの骨が後ろに引っ込んでいる症例の場合には、下アゴの先端(オトガイ)を水平に切り、そのまま前へとスライドさせます。スライドさせた骨が動かないよう、プレートと呼ばれる医療器具を使って固定。縫合して終了します。

手術の際、アゴを細く尖るように形成することで、スマートで美しい形のアゴへと仕上げることも可能です。

オトガイ形成の詳細はこちらから≫

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。