名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

エラ張りの原因を知ろう

エラが張って顔の横幅が広く見えてしまう原因は、骨格だけに問題があるわけではありません。元々の骨格が正常であっても、ほかの理由でエラが張ってくる可能性があることを学んでおきましょう。ご自身の悩みを解決する第一歩は、悩みの原因を知ることにあるのです。

骨格の問題だけがエラ張りの原因ではない

元々、下顎が横に広がっていて、エラが張って見える骨格の方がいるのは事実です。しかし、エラが張るのは骨格だけに問題があるわけではないことをご存知ですか?

顔の横幅が広く見えてしまうことでお悩みの方のほとんどは、骨格ではなく咬筋と呼ばれる咀嚼のための筋肉が発達していることに原因があると言われています。実は、こめかみのあたりにある、物を咬むための筋肉が隆起してしまうことで、エラが張っているように見えてしまうだけなのです。

中には、先天的に咬筋が発達しやすい方や、筋肉が肥大する病気、感染症などの可能性もあります。それらの疾患がないかどうかチェックすることも重要です。

咬筋のコリや発達はなぜ起こるのか?

エラ張りの原因となる、咬む筋肉の隆起や発達はなぜ起こってしまうのでしょう。

それは、ストレスや生活習慣、食事の好みなどに起因していると考えられます。例えば、普段から硬いものをよく口にする方、良く噛んで食べる習慣がある方は咬筋が発達しやすいと言われています。また、ストレスを強く感じて歯ぎしりをするクセのある人、気が付くと歯を食いしばっていることが多いな、と感じる方も要注意です。

普段ガムを噛み続ける習慣がある方などは、特に注意する必要があるかもしれませんね。さらに、歯の噛み合わせが悪く、咬筋に負担がかかっている方もエラが張りやすい傾向があります。

日常的に咬む筋肉に刺激や負荷を与え続けていると、筋トレをしているのと同じことですから、どんどん筋肉が発達していくことになります。人間の生理的な反応として、筋肉が発達するとそれに伴って筋肉を支えている骨も隆起することがあるそうです。そうやって、元々はエラが張った骨格ではない人でも、顔の横幅が広がって見えるようになってしまうことがあるわけです。

咬筋による張りなのかセルフチェックを

エラが張っているとお悩みの方は、問題を解決するために、ご自身の問題が骨格にあるのか筋肉にあるのかを見極める必要があります。

生まれつき顔の骨格に問題があるのなら、美容外科手術などで改善する方法が考えられます。筋肉の発達やコリが原因となっているようなら、コリをほぐすマッサージやストレッチなどが有効となります。

また、エラの張りは前歯の噛み合わせが深いディープバイトなど、歯科的な不具合とも関連している場合があるので、噛み合わせが正常かどうかを歯医者さんでチェックをしてみるのもお勧めです。