名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

あなたは頬骨or咬筋?かんたんセルフチェック

エラ張りの原因が骨格にあるのか、筋肉によるものなのか、自分自身の症状からかんたんにチェックする方法を紹介します。

エラ張りは症状によって問題の解決法が大きく異なる

お悩みの原因によって解決法は違ってくるもの。筋肉の隆起が原因でエラが張って見えるのか、骨格に問題があるのかによって、治療方法は大きく異なります。

例えば、元々の骨格に問題があって、下顎が横に張っている方は骨格を変えることが、問題を解決する最も効果的な方法となり、美容外科手術による骨の調整が治療法として選択されます。逆に、骨格は正常なのに筋肉の発達が大きい場合は、外科手術の必要がなく、ボトックスの注入などの処置でエラの張りが解消される場合もあります。

どの程度の治療で問題が解決できるのかを判断するためにも、原因をしっかり確認しておきましょう。

骨格の問題か、筋肉の問題なのかをセルフチェックしよう!

【エラ張りの原因を知るセルフチェック法】

歯を食いしばるように上下のあごをしっかり噛み締めながら、「イー」というように口を横に広げます。エラの部分を手で触りながらやってみましょう。

  • エラの部分が盛り上がる場合
    「イー」と口を横に広げた時に、エラの部分がぽっこりと盛り上がる方は、咬む筋肉の隆起が原因だと考えられます。筋肉が発達しているだけではなく、コリ固まって老廃物が蓄積されていることも考えられますから、ボトックス注射などで筋肉を緩めることで、盛り上がった筋肉をほぐしてエラの張りを解消することができます。マッサージで血流を促進してむくみを取る方法も有効ですね。
    「咬む筋肉」が原因のエラ張りを解消する≫≫
  • エラの部分が盛り上がらない場合
    「イー」という口を作ってもエラの部分に盛り上がりや動きがない場合は、元々の骨格が横に広がっていることが原因と考えられます。下顎の幅が広い場合、根本的に解決するためには、骨を削るまたは切って移動する、といった外科手術が必要となります。骨の調整が得意な美容外科などがありますから、気になる方は相談してみるとよいでしょう。
    「骨格」が原因のエラ張りを解消する≫≫
  • リンパが停滞してエラが張っている場合
    筋肉のコリと同じように、知らず知らずのうちに滞っていることが多いリンパ。「イー」と口を横に広げて、エラ部分を中心に盛り上がる場合は、筋肉の発達だけでなくリンパの流れが滞っていることが考えられます。
    エラの周りや耳の下にはリンパ節があるため、このリンパ節が詰まっているとエラが張って見えることがあるのです。顔が下膨れのように見える方ももしかしたらリンパの停滞が原因かもしれません。
    リンパの停滞を取り除くには、マッサージでリンパの流れを促すことが大切です。
    リンパの流れは鎖骨に向かって流れているので、顔のリンパマッサージでも鎖骨にリンパを流していくことを意識して行います。
    まずは鎖骨の凹み部分を外側から内側に向かって手で優しくさすり、リンパが流れやすくなるよう鎖骨のリンパ節をほぐします。その後、おでこの真ん中から人差し指・中指の2本の指でこめかみまで軽く指を滑らせます。その後、こめかみから耳の前・首筋・鎖骨まで指を滑らせてリンパを流すのを2、3回繰り返しましょう。
    ここまでできて、早速フェイスラインのリンパ流しがスタートです。親指と人差し指でL字型を作ったら、親指を顎に乗せてから、人差し指をほほ骨の下に当てて上に押し上げます。内側から外側に向けて押し上げて行った後に、耳の前からまた首筋・鎖骨へとリンパを流すようにマッサージしましょう。
    リンパを流すマッサージをする際には、肌に負担がかからないようマッサージクリームやオイルを使うのを忘れずに。
    毎日洗顔する際などにするようにしていれば、顔全体に溜まったリンパが流れやすくなり、フェイスラインがすっきりとすることでしょう。ぜひ試してみてください。
  • 顔に脂肪がつく、むくみでエラが張っている場合
    顔にはリンパだけでなく水分や老廃物、脂肪分などもたまりがち。顔を触ってみて、エラ骨がそれほど張っていないなら、もしかしたら顔の脂肪やむくみがエラ張りに影響しているかもしれません。頬をつまんでみてつまめる部分が1cm以上あればそれは脂肪かもしれません。フェイスラインの皮膚は、通常3~4mm程度。つまんだときの厚さが6~8mmなら脂肪はそれほどついた状態とは言えませんが、1.5cm以上あれば脂肪の可能性大。
    脂肪が原因でエラが張っている際には、ダイエットや、輪郭注射や脂肪吸引、顔エクササイズがオススメです。
    エラが張っているように見える脂肪は、全身を動かしてダイエットをするのが第一。ウォーキングやホットヨガ、サイクリングなど有酸素運動とストレッチなどを組み合わせてダイエットを心がけてみましょう。また、お酒を飲んだ翌日などにエラのハリが強くなるようならむくみが原因かもしれません。水分や塩分によってむくみは引き起こされますので、朝一でむくみ解消のためのストレッチをしてみましょう。ストレッチの仕方は簡単。首を回して首回りの筋肉をほぐしたら、耳の後ろから鎖骨にかけて指の腹で撫でてリンパを流します。その後、ほほ骨の下を軽く持ち上げるように刺激して、むくみを解消させてみましょう。
    また、筋肉ではなくむくみや脂肪がエラ張りの原因なら、脂肪を取るために顔の筋肉を動かすエクササイズも効果的。
    「プーっ」とほほを膨らませ、5秒キープさせたら、空気を片方のほほに移動させ、また5秒キープ。その後反対側に空気を移動させて5秒キープ。このエクササイズを2、3回繰り返してみましょう。
    脂肪やむくみが原因でエラが張っている場合には、まずは継続的にセルフマッサージやエクササイズで小顔作りにチャレンジしてみましょう。それでもなかなか落ちない場合には、美容整形クリニックなどで相談してみるといいですよ。

頬についた脂肪が原因で顔が大きく見える場合は…

顔の骨格や咬む筋肉に問題が見られなくても、顔についた脂肪が原因で横幅が大きく見えるケースがあります。顔の皮下脂肪は一般的に3~4ミリの厚さであることが多く、エラのあたりを指でつまんでみて、7~8ミリ程度である場合はごく一般的な肉付きであると判断できます。しかし、それ以上のお肉がつまめるなら、顔の皮下脂肪が少し多めであると判断できますね。

このように、顔の脂肪が原因でエラが張って見える場合には、マッサージなどでリンパの流れを促したり、脂肪融解注射などで輪郭をすっきりさせることが可能。むくみを取ったりダイエットするだけで、見違えるように小顔になれるのが、このタイプです。骨格に問題があるわけではないので、自分の努力次第で十分に改善する余地がありますね。

脂肪によるエラ張りならここにお任せ

ヴェリテクリニック

小顔に加えて、ボディメイクメニューでもお願いできる脂肪溶解注射。ヴェリテクリニックでは、3種類の脂肪溶解注射を使っています。

一つ目は、大豆由来の成分・フォウファジルコリンが主成分となるリポビーン。こちらは、コスメ剤としてこれまで使われてきた脂肪溶解注射を、初めて医療用として認可したお薬です。頬であれば1回の治療で効果を感じることもできます。

二つ目はデオキシコール酸という、植物抽出成分を主成分として配合したBNLS neoです。でオキシコール酸は、アメリカFDAで脂肪分解作用のある医薬品成分として最近認可されたばかりの成分です。作用が出るスピードがこれまでの脂肪溶解剤と一線を画すほど早く、3日ほどで効果を実感できることもあるようです。

三つ目の脂肪溶解注射、ファットXソリューションは第4世代の脂肪溶解注射と呼ばれるお薬です。先程ご紹介したBNLS neoと同じく、デオキシコール酸を主成分としていますが、成分の濃度がより高い点が特徴です。

複数の脂肪溶解注射から、予算や希望の効果に合わせて選べるのは、ヴェリテクリニックを選ぶ理由となりえるでしょう。

自由が丘クリニック

脂肪を分解するだけでなく、溶かした脂肪を排出するためのリンパ循環作用も備わっている自由が丘クリニックの脂肪溶解注射(BNLS)。お肌を引き締める作用もあるため、体の中から、そして表面から小顔を目指せます。多くのクリニックが使っている従来型の脂肪融解注射とは異なり、BNLSという植物由来成分が主成分となる薬剤を使っています。そのため、副作用が少なく、複数回注入する場合でも1週間ほどで次の注射が受けられます。

「早く結果を出したい!」という方にとって、自由が丘クリニックのBNLSはまさにおすすめと言えるでしょう。

自由が丘クリニックでは、より脂肪除去効果を高めるために、高周波温熱療法との併用も可能です。また、施術可能な部位は、エラ張り解消のための頬に加えて上まぶたや顎下もOKです。ダイエットをしてもなかなか落とせない顔のお肉、ぜひ自由が丘クリニックでスッキリ排出させてみてはいかがでしょうか。

東京イセアクリニック

東京イセアクリニックでは、ISEA式スーパー脂肪溶解注射メニューが用意されています。

フォスファチジルコリンなどの薬剤が主成分の通常の脂肪溶解剤とは異なり、主成分に植物由来成分を使っている点がISEA式スーパー脂肪溶解注射の大きな特徴です。もともと脂肪溶解注射は、メスを使った小顔整形手術と比べてダウンタイムが短い点がメリットでした。ISEA式スーパー脂肪溶解注射なら、身体に優しい植物由来成分が使われているため、腫れや熱感といった副反応も少なく、治療効果が出るのも早いそうです。

同クリニックが行っているBLNS注射は使われる薬剤を、一人ひとりの悩みや体質に合わせてオーダーメイドで調合。自分にあった脂肪溶解注射が受けられるというのは、理想のフェイスラインを叶えるサポートとしてはなんとも頼もしいところではないでしょうか。

また、脂肪によるエラ張りはもちろんのこと、今まで顔痩せのための脂肪溶解注射では難しかった鼻への注入もできるそうです。エラ張り改善のために脂肪を注射した場合、顔は痩せても鼻に脂肪がついたままでアンバランスになってしまう可能性もゼロではありません。鼻はどうなるの?と心配だった方もこれなら安心です。