名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

麻酔についてのデメリットを知っておこう

麻酔の種類

麻酔は施術の規模や場所によって適切な方法が異なります。また、病院によって用意されている方法も違うので、それぞれの麻酔の特徴を事前にチェックしておきましょう。

全身麻酔

点滴または吸入によって麻酔を全身にかける方法です。完全に意識がなくなるため、痛みを感じることはありません。手術後は身体から麻酔が抜けるまで時間がかかります。また、手術前日から飲食物の制限があります。

硬膜外麻酔

注射器によって麻酔薬を硬膜外に注入する方法です。美容整形以外にも、無痛分娩や一般の外科手術によく利用されています。単体で使用する分には意識がなくなることはありませんが、全身麻酔の補助として利用されることもあります。手術後は少し休むだけで帰宅が可能です。

参考: (pdf)日本臨床麻酔学会 小坂義弘「硬膜外麻酔の臨床」

局所麻酔

施術部分に麻酔液を注射して痛みを感じなくさせる方法です。注射による痛みはありますが、施術中は意識がはっきりしています。

静脈麻酔

注射器で血管の静脈に麻酔薬を投入する方法です。手術中は意識がなくなりますが、全身麻酔ほど強くはなく、ウトウトしている状態のこともあります。また、効果時間が短いため施術時間が短い場合に利用されます。

表面麻酔(麻酔クリーム)

麻酔薬を表面に塗って皮膚感覚を鈍らせる方法です。15分から30分ほどで効果が現れ、主にレーザーによる施術や注射による痛みを軽減させるために、他の麻酔の補助として利用されます。ただし、痛みの軽減にはなりますが、完全に痛みがなくなることは少ないです。

笑気麻酔

笑気ガスを吸入することで麻酔をかける方法です。施術中は意識が朦朧とした状態となりますが、基本的には他の麻酔薬の補助として利用されます。また、術後は数十分で効果が完全に切れるため、すぐに帰宅することが可能です。

貼付用局所麻酔剤

麻酔効果があるシートやテープを皮膚に貼り付ける方法です。30分ほどで効果が現れ、痛みを伝える神経を抑制します。主にレーザー治療や他の麻酔の補助として利用されます。

鎮静剤

主に点滴などによって鎮静剤を投入する方法です。麻酔ほど強い効果はありませんが、施術中はウトウトしたような状態になります。胃カメラなどの施術で利用されることが多いです。

効果・副作用

美容整形では施術中に麻酔を利用することが多いです。その理由や副作用についてご紹介します。

痛みの低減

施術中の痛みはかなりのものとなるため、多くの美容整形手術では麻酔が必須となります。ただし、全身麻酔や静脈麻酔など、効果が強いものでは痛みを全く感じませんが、麻酔クリームなど効果が小さいものでは、若干の痛みを感じることがあります。また、複数の麻酔を使って痛みを和らげることもあります。

不安の解消

施術中に意識があると、精神的に不安になる患者は多いです。特に、局所麻酔の場合では、意識がはっきりとしているため、どうしても不安になりがちです。不安な気持ちは体力の低下などにも繋がるため、なるべく回避しなければなりません。

全身麻酔を利用した場合、施術中に意識がなくなる、もしくは朦朧とするため、物理的な痛みだけではなく、患者の不安の解消にも大きな効果を発揮します。

副作用

全身麻酔などでは、術後にのどの痛みや声がかすれる場合があります。また、体温調節能力が一時的に低下するため、寒気を感じたり発熱したりすることがあります。施術前に食事をしてしまうと、術後に吐き気に襲われる確率が高くなるため注意が必要です。ただし、一般的な副作用は発症しても数日経てば収まることが多いのであまり心配はいりません。

まれに、アレルギー反応や合併症を引き起こすケースがあるため、明らかに症状が重い場合やしばらくしても収まらないときは医師の診断を受ける必要があります。

参考: 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院「麻酔の副作用・合併症」