名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

美容整形で理想の小顔になるために

美容整形で理想の小顔になるために

安さだけで選ばない!小顔整形手術のための考え方

顎・エラ・頬骨を削るような輪郭形成の手術で、私達が気になるのはやはり手術費用。骨削りの手術となると、およそ100万円程度の予算が必要となるのが一般的のようでした。とはいえ、クリニックごとに費用設定が異なるもので、数十万単位で差があります。

ただし小顔整形の手術は、皮膚・筋肉を切開する、骨を削る・切り取る、筋肉と骨を剥離するなど、美容整形の中でも特に大掛かりな手術となります。ただ単に価格が安いからといった理由でクリニックを選ぶのは、危険が伴うと言わざるを得ません。

ここでは、美容整形で思い通りの小顔を手に入れるための基礎知識として、下記の項目について解説していきたいと思います。ぜひ参考にしてください。

小顔整形のクリニックの選び方

小顔整形で失敗しないための秘訣をお教えしたいと思います。特に骨削りなどの大きな手術は、医師選びがとても重要になります。腕の良い医師かどうかを見極めるためのポイントなど、ここでしっかりチェックしておいてください。

まずは医師の経験、実績を調べてみましょう。どれくらいの期間美容整形外科医として働いているのか、どんな医学会に所属しているのか、何件の手術の実績があるのかなどが目安です。公式のホームページには医師の情報がたくさん記載されていますので、後悔することのないように調べておきましょう。

次に、手術に挑む前の説明が十分であるかどうかも見極める必要があります。

自分が納得のできる答えを用意してくれる、質問をはぐらかさない、メリットだけでなくデメリットや難しい点も正直に話してくれるか、慎重にチェックしてください。

輪郭の整形手術は他の部位と違って危険性も高く、失敗する可能性もあります。なんとなくで選ぶのではなく、少しでも違和感を感じるようなら他のクリニックにお願いすることを検討しましょう。

そして見落としがちなポイントではありますが、最初から最後まで医師がサポートしてくれるクリニックがどうかも確認しておかなければなりません。

美容整形クリニックの中には、手術だけは医師が行い、カウンセリングやアフターフォローは資格のないスタッフが行うということがあります。

カウンセリングをするスタッフと施術を行う医師が違うと、情報に齟齬が生まれて理想の小顔に近づけない、手術に失敗してしまうという可能性があります。

最初から最後まで一人の医師が面倒を見てくれるというのは、その腕に自信がある、責任を持って手術を行ってくれるという証拠でもあります。カウンセリングを重ねるうちに医師とも信頼関係が生まれ、安心して手術をお願いできるようにもなりますよ。

最後に、医師だけでなくスタッフやクリニックの雰囲気も確認を。不安な気持ちを取り除いてくれる明るい対応、清潔なスペースなどは心強いものです。

これらを総合的に判断して、小顔整形のためのクリニック選びを失敗しないようにしていきましょう。

小顔整形のクリニックの選び方について詳しくはこちら≫≫

小顔整形手術に必要な期間とは

ボトックス注射、骨削り、脂肪吸引など、小顔を手に入れるためのさまざまな手術と、どの施術にどれだけ期間がかかるかをご紹介します。

小顔整形手術に必要な期間とは

ボトックス注射、骨削り、脂肪吸引など、小顔を手に入れるためのさまざまな手術と、どの施術にどれだけ期間がかかるかをご紹介します。

小顔整形の中でも比較的簡単なボトックス注射は、ダウンタイムもかなり少ないです。人体に無害なタンパク質を注入して筋肉を麻痺させ、エラの張りなどに効果を与えます。注射にかかる時間も5分から10分ほどですし、その後も入院せずすぐに帰宅できます。腫れ、内出血などの副作用もほとんどないため、すぐに仕事に復帰できる・人と会うことができるというのも魅力的ですね。

しかしボトックス注射は時間とともに効果が薄れてくるので、気になりだしたらまた注射を打ちに行く必要があります。

顔の余分な脂肪を取り除く脂肪吸引は、ボトックス注射と同様入院の必要がないことがほとんどです。しかし手術後にはダウンタイムがありますので、予定の調整が必要となります。手術をした場所が3日から1週間ほど腫れることもありますので注意しましょう。

脂肪吸引をすると、また太る生活を続けない限り効果は半永久的に続きます。再手術の必要もないのが魅力的です。

骨を削り取る大掛かりな手術については、骨格そのものを変える手術ですので、リスクやダウンタイム、医師選び、金額などを慎重に考えて決める必要があります。

骨を削るしかないと思っていても注射などで代用できることもありますので、いきなり骨削りをして後悔しないように医師と相談していきましょう。

骨削りにかかる手術時間は1時間半程度です。

しかしその後のダウンタイムは非常に長く、2週間から4週間以上が必要となります。

仕事をしている場合は長期の休暇が必要になります。予定を立てられる、またその期間生活できる十分な資金があることも確認しておかなければなりません。

小顔整形手術に必要な期間について詳しくはこちら≫≫

ダウンタイムと後遺症について考える

骨を削るなどの小顔整形は、美容整形手術の中でも大掛かりなもの。やはりリスクとして、ダウンタイムと後遺症については考えておくべきです。

小顔整形は、目や鼻のプチ整形と比べても「ダウンタイムが長いもの」という印象がありますよね。

手術の内容にもよりますが、術後1週間が腫れのピークとなり、その後徐々に落ち着いていくというのが一般的です。

痛みは術後2、3日がピーク。骨を削る手術の際も、骨自体には知覚神経がないため比較的痛みは少ないと言われています。

シャワーに関しては手術の翌日から可能ですが、血行をよくしすぎると出血したりする可能性があるため入浴は3日後くらいから、医師と相談して決めていくようにしましょう。

小顔整形というとダウンタイム中のフェイスバンデージを思い浮かべる方もいるかもしれませんね。これは腫れや血腫を抑えるために使用するもので、術後3日間くらいは着用する必要があります。

術後退院したあとも、経過を観察する必要があるためクリニックに定期的に通院しなければなりません。ダウンタイムの悩み、異常がある場合も、すぐに医師に相談できるようにしておきましょう。

また、小顔整形をすると感覚に異常を感じたり、感染症にかかる、血腫といった後遺症が起こることがあります。せっかく痛い思いをして手術をしたのにこのような後遺症が残ってしまっては悔しいですよね。そうならないためにも医師選び、クリニック選びは慎重に行いましょう。

感染症に関してですが、小顔整形においての感染症の例はほとんどありません。信頼できる医師、クリニックを選ぶことができれば問題ないでしょう。

小顔整形の後遺症としてよくある血腫に関しては、大きなものは圧迫固定などで避けることができます。後遺症、血腫についてもしっかりサポートしてくれる医師を選び、その指示を正しく守るようにしてください。

術後は感覚が麻痺することがあります。しびれや鈍さを感じることがあり、2週間から3ヶ月このような後遺症が残ることも。不安な場合は医師に相談しましょう。

小顔整形手術のダウンタイムと後遺症について詳しくはこちら≫≫

未成年でも美容整形は受けられる?

美容整形に関して、法律的には特に年齢制限は設けられていません。そのため、10歳未満でも法律的には美容整形をすることができるのですが、まだまだ成長期にある子供が整形を受けることに対してリスクがあるのは事実。

たとえば、整形して見た目を変えたあとに、成長に伴う外見の変化とのバランスが取れずに後悔する、ということもあるかもしれません。未成年の方が自分自身でその後何十年と続く人生を左右しかねない見た目を変える整形に対して、正しい判断ができるのか、また料金や契約面でもトラブルにならずに進められるのかは心配なところがありますよね。

そこでクリニックや美容整形医では、未成年者が美容整形を受ける際には同意書の提出を必須としています。また、中には未成年者の施術自体を断るところもあるようです。

具体的に、どんな施術内容が未成年であればリスクが低いのか?ダウンタイムはどうなるのか?未成年者が美容整形を受けるためにはどんな手続きをする必要があるのか?これらについて詳しく解説します。

未成年でも美容整形は受けられる?≫≫

麻酔についてのデメリットを知っておこう

美容整形を受ける際には、メスによる切開やレーザー治療による痛みなどを解消するために麻酔を使うこともしばしば。どんな麻酔を使うかは、整形する場所や方法、内容によっても様々です。

麻酔をかける目的は、痛みや施術中のストレスを軽減するというのが一番ですが、使う麻酔薬の量などを間違ってしまえば重大な合併症を引き起こしかねません。そのため、多くの整形クリニックでは麻酔科医がきちんと麻酔を管理します。
ところが、中には残念ながら麻酔のかけ方がずさんで、取り返しのつかない事故につながってしまった事例も過去にあります。また、麻酔薬に対してアレルギー反応を引き起こす体質の方もいますので、注意が必要。

美容整形外科のドクターの中には、麻酔科医としてのキャリアを積んでから美容形成外科の道へと進んでいる方も多いのは、こうした麻酔の怖さと大切さを知っているドクターが多いためです。裏を返して言えば、それだけ整形と麻酔は切っても切れない関係なのです。麻酔の方法や、どんなデメリットがあるのかを詳しく解説します。

麻酔についてのデメリットを知っておこう≫≫

小顔を手に入れるためには先生選びも重要

脂肪吸引やエラ削り、バッカルファット除去など小顔整形には様々な方法があります。
たくさんある選択肢の中から、患者さんの骨格や肉の付き具合、理想の小顔のラインなどを丁寧にカウンセリング・診断し、どんな治療方法を選択するのかを考えてくれる美容整形外科医は、美を作る大切なパートナーです。

ここまでご紹介してきたように、美容整形には少なからずリスクが伴う治療です。また、仕上がりに関しても美的センスがとても求められる治療なのです。

「美容整形は名医に…」というのはよく言われることですが、特に小顔整形に関しては、骨を削ったりプロテーゼを入れるなど切開を伴う手術も多いため、医師の腕が大切です。簡単ではありますが、名医を選ぶことが大切な理由をいくつかあげてみましょう。

(1)ハイリスクハイリターンな治療だから

美容整形の治療費は、決して安いものではありません。健康的な体に敢えて手を加えて外見を変えるわけですから、十分なトレーニングを積んだ上で治療をするドクターであることは必須です。
治療費が高いからこそ、ハイリスク・ハイリターンな治療であることをきちんと認識して、患者さんにも真摯に向き合うドクターこそ、名医と言えますし、安心して治療がお任せできるのです。

(2)美的センスが求められるから

美容整形は、脂肪吸引一つとっても、医師の美的センスが大きく問われる手術です。顎のラインをどんなラインにすれば美しくなるのか、など特に顔の整形は、数ミリラインが変わるだけでも見た目の印象は大きく変わる場所です。
その分、緻密で丁寧な治療が求められるのです。

(3)患者の気持ちに寄り添う力が必要だから

少なからずコンプレックスや悩みを抱えて美容整形クリニックの門をたたく患者さんに対して、どれだけその悩みや苦しみに真摯に向き合えるかは、いいドクターかどうかを判断する基準となるでしょう。
カウンセリングを丁寧にしてくれるか?受付のスタッフへの教育もしっかりしているか?プライベシーへの配慮はきちんとできているか?名医のいるクリニックでは、ちょっとしたところでも、患者さんの気持ちに寄り添う姿勢が見え隠れしているものです。

知識を学んで理想的な小顔を手に入れよう

本格的な小顔整形にはリスクがつきものです。あとから後悔することのないよう、確かな経験と実績があり信頼できる医師を選ぶこと、不審感のないクリニックを選ぶことを頭に入れておきましょう。

手術に必要な時間、ダウンタイムに必要な期間は手術の内容によって大きく異なります。事前に自分で情報を集め、また医師と相談してしっかり術後の過ごし方を考えておくことも大切です。

理想の輪郭を手に入れるためには小顔整形の名医に依頼するのが一番。

名医が集まるおすすめの小顔整形クリニックをまとめましたので、クリニック選びの参考にしてくださいね。

事前にしっかりと情報を集めて、理想の輪郭を手に入れましょう!