名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

山口 憲昭医師の輪郭形成(骨削り)

かつて、大手美容外科「湘南美容クリニック」の輪郭形成医として、多くの患者の執刀を手がけてきた山口憲昭医師。数ある輪郭形成術の中でも、特に顔面骨切りを得意とするフリーランスのドクターです。タレントの有村藍里さんの整形担当医としても有名。

山口 憲昭医師の経歴

2006年、京都府立大学医学部卒業。以後、岡山大学病院や大阪市立総合医療センターなどで形成外科を専門に診療。その高い技術力が買われ、湘南美容クリニックに転じてすぐに形成外科部門の要職を担当。同クリニック系列であるRegno Clinic時代には、タレントの有村藍里さんの輪郭形成術(骨切り)の執刀を担当したことでも一躍有名になりました。

資格・所属学会・経歴

資格
  • 日本形成外科学会認定専門医
所属学会
  • 国際美容外科学会会員
  • 日本形成外科学会
  • 日本頭蓋顎顔面会
  • 日本口蓋裂学会
  • 日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本美容外科学会
経歴
  • 2006年 京都府立医科大学医学部卒業・沖縄県立中部病院・初期研修
  • 2008年 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 2009年 岡山大学病院形成再建外科医員
  • 2011年 大阪市立総合医療センター形成外科
  • 2013年 大阪市立総合医療センター小児形成外科・形成外科兼務
  • 2015年 Chang Gung Memorial Hospital Craniofacial Center International Fellow
  • 2016年 湘南美容クリニック
  • 2018年 Regno Clinic SBC銀座院院長

山口 憲昭医師の得意施術・専門

山口憲昭医師を「骨削りの名医」として全国的に知らしめたエピソードが、タレントの有村藍里さんの輪郭形成を執刀したこと。テレビでも大きく報道された件なので、そのエピソードをご存知の方も多いことでしょう。

有村さんが受けた手術は、輪郭を矯正するための「骨切り術」。下顎と上顎を6つに分割し、それぞれの骨をシミュレーションに基づいた位置へと正確に移動させたとのこと。骨の移動にともなって鼻の向きも変わり、整形前は目立っていた鼻も綺麗な形となりました。

骨を6分割するという難症例でしたが、インタビューに対して山口医師は「私にとっては、特に難しい手術ではありません。もっと難しい手術をやってきましたので」と語ります。

初めてのカウンセリングの際、有村さんのリスクに関する認識を不十分だと感じた山口医師。「手術を考え直してみてください」と、一度、有村さんを突き放したそう。手術の効果とともにリスクも重視する点に、医師としての強い責任感がにじみます。

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。