名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

渡辺 頼勝医師の輪郭形成(骨削り)

骨切り術の名門病院である東京警察病院とクリニカ市ヶ谷。渡辺頼勝医師は、この両院で骨切りを担当する実力派ドクターです。美容外科専門医としての視点も採り入れることで、患者満足度の高い骨切りを提供しています。

渡辺 頼勝医師の経歴

2001年、東京大学医学部を卒業後、研修機関の名門として知られる湘南鎌倉総合病院にて初期研修。のち母校東大病院の形成外科に入局し、以後は形成外科医一本で診療してきたドクターです。

東京警察病院に勤務するかたわら、骨切り術における日本の権威・倉片優医師のもとで、形成外科と美容外科の両視点をハイブリッドさせた骨切り術を習得。

資格・所属学会・経歴

資格
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)専門医
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会専門医
  • 日本手外科学会専門医
所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 国際美容外科学会
  • 国際頭蓋顔面外科学会、ほか
経歴
  • 2001年 東京大学医学部医学科卒業・湘南鎌倉総合病院初期研修医
  • 2003年 東京大学形成外科入局・静岡県立総合病院形成外科
  • 2004年 東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科医員
  • 2004年 東京警察病院形成外科後期研修医
  • 2008年 英国 バーミンガム小児病院 Craniofacial Unit留学
  • 2008年 仏国 パリ・ネッカー小児病院 Craniofacial Unit留学
  • 2009年 中国 上海第9人民医院 Craniofacial Unit留学
  • 2014年 東京警察病院 形成外科・美容外科 医長

渡辺 頼勝医師の得意施術・専門

大学卒業後、複数の病院で形成外科医としてのベースを習得したのち、顔面骨切り・骨削りを専門に技術を深めていった渡辺医師。解剖学的な視点から顔面構造を知り尽くしたドクターとして、骨切り術のほかにフェイスリフトの名医としても知られています。

渡辺医師が本格的に顔面骨切りを学んだのは、骨切り術の先駆けとして知られる東京警察病院への入職後。著名な形成外科医・大森喜太郎医師の執刀現場に助手として何度も同席し、実際に自身も骨切り術を執刀しつつ、徐々にその実力を蓄積していったとのことです。

その後、同じく東京警察病院形成外科のOBだった倉片優医師との出会いから、片倉医師が運営するクリニカ市ヶ谷に入職。以後、東京警察病院とクリニカ市ヶ谷にて、顎や頬骨、エラなどの骨切りを数多く手がけるにいたりました。

クリニカ市ヶ谷の特徴

形成外科・美容外科の2つの診療科を置くクリニカ市ヶ谷。両診療科における国内の草分け的存在、故・大森清一医師(元東京警察病院院長)が診療した直系のクリニックです。各種の診療メニューの中でも、特に輪郭形成、鼻整形、二重整形、フェイスリフトが得意。骨切り術としては、下記でご紹介するように、他院をしのぐ豊富なメニューを用意しています。

骨切りの費用

  • Sagittal(下顎矢状分割骨切り術) 1,600,000円
  • ルフォー1型骨切り術 2,000,000円
  • ルフォー1型骨切り術+Sagittal 2,500,000円
  • 上Segmental(分節骨切り術) 1,200,000円
  • 下Segmental(分節骨切り術) 1,200,000円
  • 上下Segmental(分節骨切り術) 2,000,000円
  • 頬骨形成術 1,600,000円
  • 下顎骨形成術 1,600,000円
  • オトガイ形成術 1,200,000円
  • 頬骨+下顎骨形成術 2,600,000円

クリニカ市ヶ谷の基本情報

所在地 東京都千代田区九段南4-3-9
電話番号 03-3237-8661
診療時間 月・木・金・土:9:45~16:30
水:全身麻酔手術日
※火曜・日曜・祝日
輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。