名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

菅原 康志医師の輪郭形成(骨削り)

実績あるドクターのみが在籍することで知られるリラ・クラニオフェイシャル・クリニック。同クリニックで顔面骨切りを専門に診療しているのが、形成外科の名医・菅原康志医師です。骨切り術に関する医師向けの専門書、専門論文を多数執筆。

菅原 康志医師の経歴

1986年、香川大学医学部卒業。のち東京大学形成外科に究極し、台湾やスウェーデンなどの留学を経て、2007年より自治医大形成外科教授に就任。所属する日本頭蓋顎顔面外科学会では、顔面骨切りの得意なドクターとして紹介されています。骨切りに関する著書に『インストラクション・クラニオフェイシャル・サージャリー ―すぐに使える骨切り術の技』(克誠堂出版)。

資格・所属学会・経歴

資格
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会認定専門医
所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会
  • International Society of Aesthetic Plastic Surgery
  • International Society of Craniofacial Surgery
経歴
  • 1986年 香川医科大学卒業
  • 1986年 東京大学形成外科
  • 1992年 台湾・チャングン記念医院留学
  • 1997年 スウェーデン・ヨーテボリ大学留学
  • 2007年 自治医科大学形成外科教授
  • 2015年 自治医科大学客員教授・杏林大学非常勤講師

菅原 康志医師の得意施術・専門

2019年現在、ベテランの形成外科医・美容外科医のみが執刀するリラ・クラニオフェイシャル・クリニックにて、骨切り術と鼻整形の執刀を専門に担当している菅原康志医師。大学卒業後、東京大学形成外科での修行を経て海外で長く骨切り術等の外科手術を経験し、帰国後は自治医大教授として形成外科の多くの後進指導にもあたってきたドクターです。

所属している日本頭蓋顎顔面外科学会の公式情報では、菅原医師は「顔面骨切り」を最も得意とする医師として紹介。形成外科医としてだけではなく、美容外科医としての顔面骨格手術を得意とする医師としても紹介されています。

現役の形成外科医・美容外科医に向けた専門書として『インストラクション・クラニオフェイシャル・サージャリー』(克誠堂出版)や『鼻の美容外科』(全日本病院出版会)を執筆。骨切りに関する研究論文も多数発表しています。

リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの特徴

リラ・クラニオフェイシャル・クリニックは、銀座に2院、大阪に1院を構える形成外科・美容外科クリニック。

特に口元、輪郭、鼻の整形を専門に診療しています。部分的な形成術ではなく、顔のトータルバランスに基づいた患者一人ひとりへのオーダーメイド治療が特徴。無理のない自然な仕上がりを目指すことをモットーにしています。

骨切りの費用

  • 下顎骨切り術( 矢状分割 ) 950,000~1,100,000円
  • 上顎骨切り術( ルフォー I ) 950,000~1,100,000円
  • 上・下顎骨切り術( ルフォー I、矢状分割 ) 1,500,000~1,800,000円
  • 下顎分節骨切り術 700,000~850,000円
  • 上顎分節骨切り術 850,000~1,000,000円
  • 上下顎分節骨切り術 1,350,000~1,550,000円
  • 下顎角形成術(えら形成術) 600,000~700,000円
  • 頬骨形成術(ほほ骨骨切り移動術) 800,000~950,000円
  • おとがい骨切術(前進術・中抜き・Vライン) 550,000~850,000円

リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの基本情報

所在地 東京都中央区銀座 2-4-19 浅野第3ビル5F(銀座院)
電話番号 03-5524-1189
診療時間 火・水・木:10:00~15:00
金・土・日:10:00~18:00
※月曜休診
輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。