名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

【顎・エラ・頬骨】小顔整形の名医を集めました

【顎・エラ・頬骨】小顔整形の名医を集めました

顎・エラ・頬骨を削る整形手術は、数ある整形の中でも最も難易度の高い手術と言われています。そこで、このカテゴリでは、骨削り手術を得意とする医師を調べてご紹介していきます。

小顔整形をお願いするならココ!名医がいるクリニック特集

もちろん先生との相性もあるので、どの先生が1番とは言いにくいのですが、腕が良いと定評のある先生を集めました。手術を受けるかどうかは、実際の先生とのカウンセリングで判断してみて下さいね。

名医を探せ!小顔整形で評判のクリニックはこちら>>

井上義一(表参道スキンクリニック名古屋院)

井上義一医師は骨切りで実績のあるドクターとして、部位を問わずどのような症例にも対応しています。

特に得意とする部位が顎(あご)周りの骨切り整形。受け口、出っ歯、ガミースマイルなどの治療を得意としています。

医師の経歴

野洲病院、恵佑会札幌病院などを経て、2001年より藤田保健衛生大学形成外科に入職。助教、講師を経て准教授。大学病院と並行し表参道スキンクリニック名古屋院に勤務。

井上 義一医師について詳しく見る≫≫

中西雄二(表参道スキンクリニック)

多くの形成外科医に骨削り術を指導してきた中西医師。顔面の骨格構造を知り尽くした医師なので、顎、エラ、頬骨、いずれの部位でも対応可能。特にエラ削りは芸術品の域。

医師の経歴

藤田保健衛生大学医学部を卒業後、同大学形成外科講師、慶応義塾大学助教授、ヴェリテクリニック総院長などを経て、2015年より表参道スキンクリニック統括医療部長に就任。

中西 雄二医師について詳しく見る≫≫

菅原康志(リラクラニオフェイシャルクリニック)

日本頭蓋顎顔面外科学会の公式情報にて「顔面骨切りを得意とする医師」として紹介されている菅原ドクター。受け口やエラなど顎の骨切りの症例数が豊富です。

医師の経歴

香川大学医学部を卒業後、東京大学形成外科に入局。長年にわたる海外での研鑽を経て、2007年、自治医科大学形成外科教授に就任。大学病院と並行しクリニックにて診療。

菅原 康志医師について詳しく見る≫≫

鶴木隆(鶴木クリニック医科・歯科)

医師免許と歯科医師免許の両資格を持つ鶴木医師は、顎変形症にともなう骨切り・骨削り術を得意としています。術後の噛み合わせを重視した骨切りを提案してもらえます。

医師の経歴

東京歯科大学歯学部・札幌医科大学医学部を卒業。日本形成外科学会と日本口腔外科学会の専門医資格を持ち、医師と歯科医師の両分野の総合的視点から顎変形症の診療にあたる。

鶴木 隆医師について詳しく見る≫≫

広比利次(リッツ美容外科)

長く形成外科医として活躍する過程の中で、特に顎の骨削りと頬骨削りの症例を多くもつ広比医師。論文「頬骨骨切り手術」では、美容外科医としての最高賞を受賞した経歴もあります。

医師の経歴

東京大学を経て山梨医科大学医学部を卒業。東京大学病院や東京警察病院などの形成外科を経て、2000年、リッツ美容外科を開院。骨切り術での学会受賞歴あり。ハワイ大学客員教授。

広比 利次医師について詳しく見る≫≫

山口 憲昭(加藤クリニック麻布)

上か下かを問わず、顎の骨切りを得意とする山口医師。骨を切った後の配置センスも良く、顔全体にバランスの取れた仕上がりを実現します。難症例にも対応可能。

医師の経歴

京都府立大学医学部を卒業後、岡山大学病院などで形成外科医としての経験を蓄積。海外留学を経て、2016年に湘南美容クリニックに入職。タレント有村藍里さんの骨切り執刀医として有名になりました。

山口 憲昭医師について詳しく見る≫≫

倉片 優(クリニカ市ヶ谷)

骨削りの名門・東京警察病院形成外科において、医幹まで歴任した顔面骨削りのドクター。顎、エラ、頬骨など、部位を問わずさまざまな骨切り術を提供します。

医師の経歴

東海大学医学部を卒業後、東京警察病院形成外科に入職。同院医長、医幹を経て、2004年、クリニカ市ヶ谷院長に就任。骨切りを得意とし、臨床のみならず学会での活動実績も豊富。

倉片 優医師について詳しく見る≫≫

池本繁弘(池本形成外科・美容外科)

顎、エラ、頬骨など、いかなる部位にも対応している池本医師ですが、中でも特に顎の骨切りの症例が豊富。学会では、受け口などを改善させる下顎の骨削りの研究論文を発表しています。

医師の経歴

北里大学医学部卒業後、同大学形成外科に入局。のち多くの総合病院での診療を並行しながら、美容外科、皮膚科、麻酔科の技術も習得。骨切りに関する研究論文を多数発表。

池本 繁弘医師について詳しく見る≫≫

渡辺 頼勝(クリニカ市ヶ谷)

骨切りの権威・倉片優医師から直接指導を受けた形成外科医。目や鼻など、顔の他のパーツとのバランスを考えた「顎の骨切り」を得意とするドクターです。

医師の経歴

東京大学医学部を卒業後、同大学病院や東京警察病院などで形成外科医としての経験を蓄積。海外留学を経て、2019年、東京警察病院形成外科とクリニカ市ヶ谷にて診療中。

渡辺 頼勝医師について詳しく見る≫≫

山下 昌信(顔のクリニック金沢)

上下の顎の骨切りを中心に、受け口、オトガイ形成、ガミースマイル、出っ歯など、さまざまな症例に対応。先天性疾患による保険診療の顔面骨切りにも対応可能。

医師の経歴

金沢医科大学医学部を卒業後、同大学形成外科に入局。米国留学を経て、2008年より金沢医科大学病院に復帰。同大学形成外科准教授を務めるかたわら、顔のクリニック金沢を監修。

山下 昌信医師について詳しく見る≫≫

自分の悩みと得意分野が一致している名医を選ぼう

輪郭の整形は大掛かりになり、失敗は許されません。

不安も大きく、医師選びは慎重に行いたいところですね。

「なんとなく」や「料金が安いから」というような理由で医師を選ぶのではなく、自分の悩みと得意分野が一致している医師を選び、最高の仕上がりを目指しましょう!

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。