名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

先端削り

顎の先端を削って小さくする先端削りの手術について、どんな方に適しているのか、手術の内容や費用、ダウンタイムなどの基本情報を紹介しています。

顎の先端削りとはどんな手術か?

顎の先の最も尖っている部分の骨を削って顎を小さくする手術です。クリニックによっては、削るだけではなく、先端の骨を切る手術を行っているところもあります。

一般的には口の中の下前歯の歯茎の下あたりから切開し、筋肉を剥離して骨を露出させて削っていきます。ケースによって違いますが、顎を5〜10ミリ程度短くすることができます。

どんな人に適している手術なのか?

顎の先端を削ることで物理的に顎を短くできますから、顎が長いことで悩んでいる方などに適しています。また、顎が前に出ているしゃくれタイプの方にもおすすめ。顎の先端の横幅が広く、ガッチリした印象の顎で悩んでいる方にも適応する手術です。

メリット&デメリットとは

【メリット】

  • 顎の骨の先端を削って調整するので、シャープなラインを作りやすい。
  • 長い顎にも幅が広い顎にも、確実に小さくする効果がある。

【デメリット】

  • 顎の骨を削って自然なラインを作るため、医師の技術によって仕上がりに差がある。
  • 骨と筋肉を剥離するので、多少の腫れや痛み、たるみが生じる場合がある。
  • 神経を傷つけてしまうリスクがある。
  • 術後2週間ほどは、口の周りの感覚が鈍くなることがある。

費用やダウンタイムについて

【費用】

80万円〜90万円

【ダウンタイム】

腫れは手術後1〜2週間程度でおさまります。抜糸を行う場合は10日〜2週間後に。顎にある神経の周辺を剥離して骨を削るため、術後2週間〜3ヶ月ほどは口の周りの感覚の鈍さが残ります。