名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

水平骨切り(中抜き)

下顎を水平に切って短くする水平骨切り手術について、どのような方に向いているのか、手術のメリットやデメリット情報などをまとめています。

水平骨切り(中抜き)とはどんな手術か?

下顎の先端から5ミリほど上の位置と、その上数ミリのところで下顎の骨を水平に切ります。2カ所を水平に切るので、その間の骨片を取り除くと顎を数ミリ短くすることができます。切り取る幅は、カウンセリングや術前のシミュレーションなどによって決定します。

骨片を取り除いたら、先端をチタンプレートなどで再び固定し、生じた段差をエラの方まで削って自然に仕上げていきます。

先端を削るのではなく、先端の形を残しながら中を抜く方法なので、自然に仕上げることができますし、先端の骨と筋肉を剥離しないので、皮膚のたるみなどが起こりにくい方法です。

どんな人に適している手術法なのか?

顎を水平に切り取って間を抜き、顎そのものを短くする手術法なので、顎が長めで顔のバランスが悪いと感じている方に適しています。顎が前に出ている、または後ろに引っ込んでいる方も、顎の骨を切り取る幅や位置、角度などを調整して、さらに固定する位置を変えることで、顎を前後に調整することができます。

メリット&デメリットとは

 【メリット】

  •  顎の長さを確実に短くすることが可能。
  •  顎が前に出ている、後ろに下がっている方も位置を調整できる。

【デメリット】

  • 骨切り後の段差の修正に高い技術が求められるため、医師によって仕上がりに差がある。
  • 神経を傷つける、などのリスクがある。
  • 術後2週間程度は腫れや痛みが出ることがあり、食事にも注意が必要。 

費用やダウンタイムについて

【費用】

 水平骨切り手術:95万円〜100万円

 【ダウンタイム】

手術後、腫れが引くまでに約1〜2週間かかることがある。抜糸は術後10日〜2週間後。口腔内を切開しているので、手術後2週間くらいは固いものや熱いもの、辛いものなどの刺激物は食べない方が良い。