名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

エラ

ここでは、小顔整形の一つであるエラ削りの費用目安をご紹介します。また、エラ削りの手術法や効果、ダウンタイムについてなどの情報もまとめました。

小顔整形・エラ削りの費用目安

エラ削りの費用は、顎削りの手術よりも価格差が少ないようでした。当サイトでご紹介中のクリニックを参考にしてみると、

最も安いところでは、396,000円~、最も高いところでは、1,800,000円となっていました。100万円前後の価格帯でエラ削りを行うクリニックが多い印象でしたが、60万円~130万円を一つの目安としてみて下さい。

エラ削り名医のいる評判クリニック3選

エラ削りは成功すれば素晴らしい小顔効果が得られますが、失敗すると後遺症が残ったり満足できる仕上がりにならなかったりする可能性もある手術です。
理想とするバランスの良い小顔になるためには、腕のいいお医者さんを選んで手術してもらうことが必須条件。

そこで、ここではエラ削りが得意な医師がいるクリニックを紹介致します。実際には、直接カウンセリングを受けた上でご自身が納得できる医師にお願いするのが一番ですが、どのクリニックを選んでいいか迷っている方は、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。
※費用はすべて税抜き料金です。

表参道スキンクリニック
表参道スキンクリニック
【引用元】表参道スキンクリニックHP:http://tk-honin.com/
エラ削り費用
840,000円~
クリニックの特徴
実績豊富な医師が多数在籍することで知られている表参道クリニックには、頬骨やあごの整形を得意とする中西雄二医師(院長)がいます。
日本形成外科学会や日本頭蓋顎顔面外科学会など、数々の学会に所属しながら多数の施術に関する発表も行っており、業界でも優れた腕を持つ医師として有名です。その腕前は全国的に知れ渡っており、日本各地から患者さんが訪れてくるほど。修正術も多数手掛けています。クリニックは手術後必ず患者の定期検診を行っており、その検診料金も施術費に含まれていますので安心です。
基本情報

住所…東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4階
電話番号…0120-334-270
診療時間…月・火・木・金:11:00~20:00 土:11:00~19:00 日・祝日:10:30~18:00 休診日:水曜日
※東京の他、名古屋、大阪、福岡にクリニックあり

表参道スキンクリニックの公式HPをチェック

青いライン

リッツ美容外科
リッツ美容外科
【引用元】リッツ美容外科HP:http://www.ritz-cs.com/
エラ削り費用
1,200,000円~
クリニックの特徴
論文発表によって裏打ちされた確かな技術で人気のリッツ美容外科。こちらの名医は広比利次院長です。エラ削り手術では、でっぱったエラ骨部分だけでなく下あご全体のバランスを整える広範囲な切除を行ってくれるので、より大きな変化を望む方にもおすすめ。
開業以来3,000以上の症例(2018年8月現在)を誇っており、輪郭形成専門クリニックとしても有名なので実績も◎。広比院長は、日本顎変形症学会・日本頭蓋顎顔面外科学会などに所属しています。
基本情報

住所…東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン2F
電話番号…0120-628-662
診療時間…10:00~19:00 休診日:日曜
※東京の他、名古屋、大阪、高松にクリニックあり

リッツ美容外科の公式HPをチェック

青いライン

自由が丘クリニック
自由が丘クリニック
【引用元】自由が丘クリニックHP:http://www.jiyugaokaclinic.com/
エラ削り費用
1,400,000円~
クリニックの特徴
「名医が受けたい名医」として選ばれた経歴を持つ中北信昭医師(総院長)は30年以上の実績・経歴をもつベテランドクター。大学病院などで小児先天異常や顎変形症の手術も手掛けており、エラ削りをはじめ顔面骨格形成手術は得意とするところです。
横から見た時だけでなく、正面から見た時にできる限り小顔に見えることを重視して手術を行ってくれます。日本顎変形症学会や日本頭蓋顎顔面外科学会などに所属されていて、難易度の高い頬側面の骨削りにも対応してもらえます。
基本情報

住所…東京都目黒区八雲3-12-10 パークヴィラ2F,3F,4F
電話番号…0800-808-8200
診療時間…10:00~19:00 休診日:なし

自由が丘クリニックの公式HPをチェック

保険は適応される?

エラ削りの美容整形手術費用は数十万円~100万円代と、美容整形の手術の中でもかなり高額な部類に入ります。そうなってくると、できれば保険を使って安く手術を受けられれば…と考える方も多くなってくるでしょう。

しかし、結論から言ってしまうとエラ削りは原則として保険適用外の手術となります。その理由は、エラ削りの手術が治療目的ではなく美容目的であるからです。
そもそも保険が適用になる治療というのは、

  1. 治療が必要な怪我や病気であるかどうか
  2. 国が保険診療として認めた治療法であるかどうか

の2つの条件を満たしていなければいけません。

エラ削りをはじめとして、シワ取り・豊胸・脂肪吸引・顔の整形などは、個人が“より良い見た目を追求するため”に受ける手術であって、必ず治療しなければいけないものではありませんし、怪我や病気のように緊急を要する症状でもありません。このため、美容整形手術ではほぼすべてのケースで保険適用外となってしまうのです。

ただし、例外的に保険が認められるものもあります。

単なるエラ削りでは保険は使えませんが、極度の受け口や出っ歯など、顎変形症と呼ばれている症状に対する骨削りは保険が適用となり、眼瞼下垂で肩こりや頭痛に悩まされているケースや、逆さまつげで眼球が傷ついてしまう恐れがあるケースでは二重手術が保険適用になることがあります。その他、ほくろが悪性である可能性がある場合は、ほくろ除去の治療に保険が使えます。

エラ削りが保険適用外と聞いてガッカリしてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、自由診療ならではのメリットもあるのです。

クリニックが金額を決められる自由診療だからこそ、一人一人のカウンセリング・治療に時間と労力を十分にかけてもらえ、設備投資や管理体制の強化などもしっかり行われます。そのため、保険診療ではできない質の高い治療が叶い、患者さんの希望に沿って仕上がりの美しさを追求することも可能となるのです。

より美しい容姿を求めて美容整形手術を受けるのなら、ある程度の投資はどうしても必要になります。

どんな悩みをもつ人に向く施術か

  • 下アゴの形が原因でエラが張っている人

具体的な手術方法と流れ

麻酔

管を鼻から通して全身麻酔、および、手術部位の骨膜下に局所麻酔を行います。クリニックによっては、熱を帯びる器具でヤケドのリスクがあるため、口唇ガードと呼ばれるシリコンを唇に縫合します(手術終了後に外します)。

切開からエラ削りの準備

切開には、口の中から行う方法と、外側(耳の近く)から行う方法との2種類がありますが、術後の傷跡を避けるために、口の中から行われることが多いようです。

切開する部位は、下アゴの奥の歯ぐきの付近。メスで4cmほど切開してから、オトガイ神経に傷を付けないよう慎重に下アゴの骨を露出させます。

エラ削り

露出した下アゴのエラの部分を、専用の医療器具で削ります。削る方法には、主に次の2つの方法があります。

エラの余分に出っ張っている部分を、そのまま丁寧に削り取る手術法。一般にイメージするエラ削りです。取り出した骨片は細長い形状となります。

もう一つが、エラの部分の骨を、広く薄く剥がす手術法。エラの骨の上澄みを剥がし取るようなイメージです。取り出した骨片は板のような形状となります。

縫合

骨を削った後、術部の止血をしたのち十分に洗浄します。術後に生じる血液や分泌物を外に排出するため、ペンローズドレーンという管を挿入。その後、切開部分を吸収糸などで縫合して手術が終了します。

なお、ペンローズドレーンは手術終了5時間後に除去します。

手術前に必要な検査

画像・模型による検査

安全・確実なシミュレーションを行うため、事前に画像や模型などを使った各種の検査を行います。

  • CT検査
  • 3次元実体模型

全身状態の検査

安全に手術を行えるかどうかを判定するため、以下の検査を通じて全身の状態を確認します。

  • 血液検査
  • 心電図
  • 胸部X線
  • 血圧測定
  • 身長・体重測定

ダウンタイムと術後の生活

術後、大きな腫れが2~4週間ほど続きます。その後は人前に出ても不自然ではない状態で落ち着きますが、むくみが完全に消えるには3~6ヶ月ほどを要します。なお、術後の大きな腫れを抑える目的で、術後のエラ部分にボトックス注射を打つ病院もあるようです。

術後の状態について詳しく見ていきましょう。

手術を受けた当日

全身麻酔の影響が残る可能性があること、および、予期しない出血リスクがあることなどから、手術当日だけ1泊入院するのが望ましいとされます。患者が希望し、かつ医師がOKを出せば日帰りも可能です。

術後の通院

術後、10~14日目に抜糸のため病院を受診します。吸収糸を使用している場合には、抜糸は必要ありません。

その後、クリニックによりますが、1.5ヶ月目、3ヶ月目、6ヶ月目のタイミングで病院を受診し、術後の状態を確認します。

フェイスバンテージによる圧迫

術後2週間は、腫れや内出血などを抑える目的で、自宅にてフェイスバンテージを装着して過ごします。

知覚麻痺

術後しばらくは、下唇やオトガイ部分に麻痺が生じることがあります。2週間~1ヶ月ほどで麻痺は改善します。

3口の開閉訓練

術後2~4週間ほど、口の開閉がやや難しくなることがあります。術後1週間目から自主的に口の開閉訓練を行うことにより、徐々に改善します。

リスク

手術の際、オトガイ神経などの神経組織に傷を付けてしまうと、術後に感覚麻痺などの後遺症が残る恐れがあります。事前にCTで神経の走行位置を正確に把握することにより、神経損傷リスクは下げられます。

また、医師の技術力や事前のシミュレーションの濃度、医師と患者の仕上がりイメージの共有レベルなどにより、術後の仕上がりに満足できないことがあります。

もとよりエラ削りは大掛かりな外科手術となるため、他の外科手術と同様に、ごくまれとは言え感染症リスクも避けられません。

エラ削りのまとめ

エラ削りの目的な効果、手術方法、ダウンタイム、想定されるリスクなどについてご紹介しました。

エラが張っているだけで顔が大きく見えてしまうことは確かです。小顔効果を狙いたい方にとって、エラ削りは有効な手段の一つであることに間違いありません。

その一方で、エラ削りは大きな外科手術です。費用が高額になることに加え、術後の著しい腫れが2~4週間ほど続きます。仕事はもちろんのこと、家事や学校などとの兼ね合いも十分に考慮したうえで、慎重にエラ削りを検討していきましょう。

関連ページ

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。