名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

SSRO

下顎枝矢状分割法(SSRO)とはどんな手術か?

どんな悩みをもつ人に向く施術か

  • 下顎が突出して受け口になっている
  • 下顎が後ろに引っ込んでいる
  • 開咬症(オープンバイト)
  • 下顎が左右で非対称の

どんな変化を出せる施術か

下顎枝矢状分割法には複数の術式があります。よって上記のように、さまざまな悩みをお持ちの人に適応される汎用性の高い輪郭形成術です。

具体的な手術方法と流れ

術後の目的に応じ、下顎枝矢状分割法には複数の術式があります。以下、代表的な症例である受け口の治療を前提に、具体的な手術の流れをご紹介します。

麻酔から切開

全身麻酔と局所麻酔を施します。麻酔が効いたことを確認したのち、電気メス等を使って、下の奥歯の歯ぐき付近を切開。下顎枝と呼ばれる骨を大きく露出させ、骨切りの準備を整えます。切開の際には、神経組織に傷を付けないよう慎重にメスを裁きます。

骨切り

下顎枝に一定の隙間が生まれるよう、事前のシミュレーションに沿って左右の顎の骨を切ります。

骨の移動と固定

骨切りによって生まれた隙間を埋めるような要領で、骨を後ろにずらして移動させます。移動後、プレートと呼ばれる医療用器具を使い、骨が動かないよう固定します。

縫合

骨の表面を覆っている歯槽骨膜を縫合したのち、切開した歯ぐきの部分も縫合して手術は終了となります。

手術前に必要な検査

画像・模型による検査

安全かつ的確に手術を行うため、事前に画像や模型による綿密な検査が行われます。各検査の内容を具体的に見てみましょう。

  • セファロ
  • CT検査
  • 3次元実体模型
  • 咬合模型

全身状態の検査

手術を行うに適した健康状態であるかどうかを確認するため、各種の検査を通じて患者の全身状態を把握します。

  • 血液検査
  • 心電図
  • 胸部X-P
  • 血圧測定
  • 身長・体重測定

ダウンタイムと術後の生活

下顎枝矢状分割法は術後、しばらくの間は腫れが生じます。2週間ほどは、外見的に不自然な腫れが続くと考えてください。2週間を過ぎれば、人前に出ても不自然な印象はないでしょう。

完全にむくみが解消するまでは、3~6ヶ月ほどの期間が必要です。

手術を受けた当日

手術を受けた当日は、そのまま病院で1泊の入院となります。手術の直後から専用器具(シーネとゴム)による「顎間固定」という処置が入ります。噛み合わせの安定化を図るための処置です。

退院後の通院

手術から3日後に病院を受診し、噛み合わせの状態のチェックを受けます。7日後にも再受診し、同じく噛み合わせのチェックと口の中の丁寧な清掃。2週間後の3回目の受診で、抜糸が行われます。

以後は医師の指示にしたがい、定期的に病院を受診して噛み合わせの状態を確認してもらいます。

術後の食事

術後1ヶ月は流動食にて食事を摂ります。この1ヶ月で平均5キロほど体重が減りますが、過度な体重減少がないよう注意してください。

術後1ヶ月を過ぎると噛み合わせが安定するので、普通食に切り替えて問題ありません。

口の中の衛生管理

傷口が安定するまでの間は、口の中の衛生管理に注意してください。食事を摂った直後には、かならず病院から処方されるうがい薬を使用し、口の中の清潔を保つようにしましょう。

歯磨きについては、傷口に触れないよう専用歯ブラシでブラッシングを行います。

顎間ゴム牽引

噛み合わせと顎の機能の安定化を図るため、術後すぐに顎間ゴムと呼ばれる装置にて、顎の骨の牽引を行います。手術から2週間は、常時、顎間ゴムの装着が必要です。その後の3ヶ月は、夜間のみ装着します。

リスク

骨切りの際、神経組織(オトガイ神経や歯槽骨神経)に傷を付けてしまった場合、術後に麻痺が残ることがあります。

また、形成外科では下顎枝矢状分割法はメジャーな手術ではあるものの、決して簡単な手術ではありません。よってレアケースではありますが、経験不足の医師が執刀した場合、事前のシミュレーションとはやや異なる仕上がりになる恐れがあります。

もとより、外科手術に伴う感染症には十分に注意してください。術後の口腔内の衛生管理は非常に大事です。

下顎枝矢状分割法(SSRO)のまとめ

下顎を後ろに下げたり前に出したりなど、さまざまな症例に対応可能な下顎枝矢状分割法。

ただし下顎枝矢状分割法には、確率が低いとは言えリスクがあります。また、長めのダウンタイムもあります。特に、仕事をしている方は、ダウンタイムを前提にした具体的な計画の中で手術を検討すべきです。

メリットの大きい下顎枝矢状分割法。ご家族やパートナーなどにも相談のうえ、総合的な視点から手術を考えていきましょう。

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。