名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

垂直骨切り術(IVRO)

顎を小さく整える小顔手術の中でも、V字の美しいラインを作ることができる垂直骨切りの手術法について、どのような方に適しているのか、ダウンタイムや費用などをまとめて紹介しています。

顎の垂直骨切とはどんな手術か?

この手術が向いているのは

  • 下顎が前に出ている
  • 下顎が前に出て受け口になっている
  • 下顎全体が大きい印象のある
  • 下顎の見た目が左右非対称
  • 顎関節症

どんな変化を出せる施術か

下顎を全体的に後ろに引っ込める効果があります。また、受け口を改善させることも可能です。

下顎の左右の位置を調整することもできるので、左右どちらかに曲がったような下顎を、真っすぐの位置に整えることもできます。

具体的な手術方法と流れ

麻酔

全身麻酔で手術を予定している部位やその周辺に局所麻酔を行います。

切開から骨切りの準備

麻酔が完全に効いたことを確認したのち、親知らずの横の歯ぐきの部分をメスで切開。下顎の奥の骨を露出し施術していきます。

病院によっては、切断ミスを避けるため、事前に骨に「テンプレート」と呼ばれる装置を付けることもあります。

骨を露出させた後、「リトラクター」で開口部を固定します。

骨切り

あらかじめ設定したラインに沿って、顎の骨を上から下へ向けて10mm程度の隙間を作りながら垂直に切断。

テンプレートを付けている場合には、切断の途中でこれを外し、目視で切断を行います。

骨の移動と縫合

切断によって生じた10mm程度の隙間を縮めるように、下顎を後ろに引っ込めます。その後、切開部分を縫合し手術が終了です。

なお、一般的な骨切り術では、骨を移動させた後に「プレート」と呼ばれる装置で切断した骨を固定する工程がありますが、垂直骨切り術では、「プレート」による固定を行わず、骨の自然結合に任せます。

手術前に必要な検査

画像・模型による検査

安全に手術が行える骨格かどうか、また、イメージしている仕上がりを得られる骨格かどうかなどを確認するため、事前に画像や模型によって細かい検査を行います。

  • セファロ
  • CT検査
  • 3次元実体模型
  • 咬合(かみあわせ)模型

全身状態の検査

下顎枝垂直骨切り術(IVRO)は全身麻酔下で行われます。よって、安全に全身麻酔をかけられる体かどうか、また、適切な麻酔の量などを確認するため、事前の検査が行われます。

  • 血液検査
  • 心電図
  • 胸部X-P
  • 血圧測定
  • 身長・体重測定

ダウンタイムと術後の生活

術後、大きな腫れは約2週間で引きます。この時点で、術前とほぼ同じくらいの見た目になります。ただし、完全にむくみが消えて「完成」と言える見た目になるには3~6ヶ月ほどが必要です。

術後の詳しい状況を確認しておきましょう。

手術を終えた当日

手術を終えた当日は1泊入院をします。術後すぐにシーネとゴムを用いて顎間固定を行い、将来的な噛み合わせの安定を図ります。

退院後の通院

手術3日後、噛み合わせのチェックのために受診します。7日後にも受診し、同じく噛み合わせのチェックを受け、その後、口腔内清掃を行います。手術から2週間後の3回目の受診の際、抜糸を行います。

その後は医師の指示にしたがい、1~2週間に1度のペースで通院します。

口の中の衛生維持

感染症予防などの目的のため、食事の後には専用のうがい薬を使って口の中の衛生維持に努めます。また、傷口に触れないようにしながら、専用歯ブラシによるブラッシングも行います。

顎間(がっかん)ゴム牽引(けんいん)

噛み合わせの安定のため、手術の当日から医療用ゴムを用いたあごの固定を行います。歯ぐきの骨に打ち込んだスクリューと、上下数ヵ所の歯との間にゴムをかけて牽引する処置です。

術後1ヶ月半は終日装着し、その後の1ヶ月半は夜間のみ装着します。

食事

術後1ヶ月間は流動食となります。その後は、食事のときのみゴムを外して普通食を食べることができます。術後1ヶ月半を過ぎたころから、術前と同様の食生活を送れるようになります。

リスク

手術によって神経を損傷し、顎に麻痺が残ることがあります。

また、高い技術を要する手術であることから、形成外科における経験が不十分な医師が執刀すると、まれに左右差や段差が生じるなど、仕上がりが不自然になることがあります。

術後の口腔内の衛生管理によって感染症にかかるリスクもあるため、医師から指導されたケア法を、忠実に守るようにしましょう。

メリット&デメリット

【メリット】

  • 顎が大きい、横幅が広い、といった悩みを確実に解決できる。
  • 顎先を細く整えることができる。

【デメリット】

  • 神経を傷つける、皮膚がたるむなどのリスクがある。
  • 高度な技術を要するため、左右に段差が生じたり、仕上がりに満足できないこともある。
  • 術後の痛みや食事に注意が必要となる。

費用について

【費用】

垂直骨切り手術:90万円〜100万円前後

IVROのまとめ

下顎枝垂直骨切り術(IVRO)の効果、手術方法、ダウンタイム、リスクなどについてまとめました。

下顎枝垂直骨切り術(かがくしすいちょくこつきりじゅつ)とは、簡単に言えば「顎をひっこめる手術」と考えてください。

顎が大きい人や、顎が前に出ている人、顎が左右非対称の人などは、下顎枝垂直骨切り術を受けることで顎を小さくすることができます。

ただし「顎の骨を切る」という大掛かりな外科手術となるため、術後のダウンタイムを十分に理解しておいてください。仕事はもとより、家事や育児、通学にも幾分の影響が出てくることは避けられません。総合的に考え、しっかり相談したうえで手術を検討してみましょう。

輪郭形成(骨切り)の費用と期間について

輪郭形成は顎やエラ、頬骨を骨から修正することでコンプレックスを改善できる施術です。輪郭形成の費用相場は顎削り手術60万円以上~100万円以内、エラ削り手術60万円以上~100万円以内、頬骨削り手術80~150万円前後といわれています。また、クリニックによって費用・治療期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

リスク・副作用について

骨切りによるリスク・副作用としては、麻痺が残る可能性がある、たるみや引きつれが起こることがある、感染症や化膿を起こす可能性があります。

また、持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。