名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

ここでは、小顔整形の一つ、顎削りの費用目安を紹介します。また、手術のメリット・デメリットや術後の経過についてもまとめてみました。

小顔整形・顎削りの費用目安

顎削りの手術費用については、クリニックによって大きな差があるようでした。当サイトでご紹介中のクリニックを参考にしてみたところ…

最も安いところでは、324,000円~、最も高いところでは1,500,000円となっていました。多くのクリニックでは、60万円以上~100万円以内の金額を提示しているので、一応の目安としてみて下さい。

顎削り名医のいる評判クリニック3選

顎削り・顎切りは、成功すれば理想のフェイスラインを手に入れられますが、逆に失敗してしまうと修正が利きません。理想の小顔を実現するためにも、顎の整形手術を得意としている、腕のいいお医者さんに手術してもらいましょう。

そこで、ここでは顎削りが得意な名医がいるクリニックのうち、関東・東海・関西の3エリアから1院ずつピックアップして紹介。実際の施術や効果などは問い合わせていただく必要がありますが、どこに相談すれば良いか分からない、という方はぜひ参考にしてください。
※費用はすべて税抜き料金です。

関東の顎削り名医のいるクリニック

表参道スキンクリニック
表参道スキンクリニック
【引用元】表参道スキンクリニックHP:http://tk-honin.com/
顎削り費用
800,000円~
クリニックの特徴
顎削りに限らず、小顔整形を得意とする、実績豊富な医師が多数在籍しています。特に統括医療部長を務める中西雄二医師は、大学で教鞭を振るったこともある外科手術のスペシャリスト。傷跡や腫れが少ないことでも評判を呼んでおり、特に傷跡やダウンタイムの痛みでトラブルになりやすい、美容クリニックには無くてはならない存在です。
国内外の美容・形成外科の学会にも所属しており、多くの施術に関する発表もしているため、業界でも「腕の良いドクター」として知られています。その手術の腕を求めて全国各地から患者さんが訪れており、中には、他のクリニックでは満足できなかった方の再手術にも対応しています。
基本情報

住所…東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4階
電話番号…0120-334-270
診療時間…月・火・木・金:11:00~20:00 土:11:00~19:00 日・祝日:10:30~18:00 休診日:水曜日
※東京の他、名古屋、大阪、福岡にクリニックあり

表参道スキンクリニックの公式HPをチェック

東海の顎削り名医のいるクリニック

小木曽美容外科
小木曽クリニック
【引用元】小木曽クリニックHP:http://www.kogiso-clinic.com/
顎削り費用
800,000円~
クリニックの特徴
顎やエラを含めたフェイスライン形成において、定評を集めている小木曽クリニック。カウンセリングや施術のすべてを、院長が責任を持って担当していることも人気の理由。輪郭形成においては、口腔外科とも連携を取って、見た目の美しさだけでなく、機能面でも不自由が無いように施術を受けられます。
院長を務める小木曽祐一医師は、医師としてのキャリアをスタートさせた際、手術の傷跡に悩む患者さんの力となるべく、形成外科や美容外科の技術も取り入れた経歴を持っています。四半世紀も前に美容外科手術を見学するために、渡米したほど。
2005年に小木曽クリニックを開院後、患者さんの気持ちを汲み取った施術をしてくれることで、有名な美容外科クリニックです。
基本情報

住所…愛知県名古屋市中村区名駅3-24-14 LCビル6F
電話番号…0120-566-395
診療時間…10:00~19:00 休診日:無し

小木曽クリニックの公式HPをチェック

関西の顎削り名医のいるクリニック

心斎橋コムロ美容外科
心斎橋コムロ美容外科
【引用元】心斎橋コムロ美容外科HP:http://www.komuro-biyou.com/
顎削り費用
600,000円~
クリニックの特徴
アフターフォローが丁寧、という評判が多い心斎橋コムロ美容外科。どんなに丁寧な施術をしても、手術を受ければ、患部が腫れたり熱を持ったり、赤くなったりと、大小問わず何らかのトラブルは起こるもの。そういったトラブルによって「もしかして失敗?」と、不安になるのは当たり前ですが、心斎橋コムロ美容外科ではドクターはもちろん、看護師やカウンセラーも一丸となって、不安が無くなるまで対応してくれます
担当してくれるドクターは、院長の池内秀行医師を始め、患者さんの立場に立ってカウンセリング、施術はもちろん、アフターケアも行ってくれます。
基本情報

住所…大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
電話番号…0120-566-495
診療時間…9:00~19:00 休診日:年始・その他不定休

心斎橋コムロ美容外科の公式HPをチェック

保険は適応される?

保険適用の手術は、病名がつかなければなりません。機能的な改善が必要と認められるような状態であれば、保険適用で手術を受けることも可能です。かみ合わせがよくなれば、顔の形は良くなります。しかし、満足のいく状態になるまで改善できるかは分かりません。美容目的では保険の適用を受けることはできないと考えていた方がよいでしょう。

あごの手術の場合は、かみ合わせと密接な関係にあるので、矯正歯科と連携して治療をする必要があります。そのため、矯正歯科と口腔外科が連携して治療を行える環境にある歯科大学付属病院などで相談をしてみることをおすすめします。まずは、医療機関に相談し診断してもらうのが一番です。

あごの手術は入院が必要な治療ですので、費用は手術代のほか入院費も工面しておきましょう。矯正歯科で行う顎変形症としての保険治療の場合は、35万円~45万円(3割負担の場合)が相場です。所得によって変動しますが、高額療養費制度も利用できます。一方、美容目的で手術を受ける場合は、全て自費診療となります。手術費用に加え、術後に行う見た目をよくするための処置を含めると、250万円~350万円程度が相場だとされています。

矯正歯科はかみ合わせをよくするための治療が中心ですが、あごの機能面がよくなると長期的に見て体全体の健康にとってプラスになるといえるでしょう。ただし、矯正歯科での治療は、歯の矯正と同じくらいの時間がかかります。美容外科の場合はかみ合わせよりも見た目を重視するため、治療期間は短く済むことが多いようです。

顎削りの手術方法について

顎の削りの整形手術は、顎の骨(オトガイ)を削ったり切ったりすることで、顔の輪郭をスッキリ・シャープに整える手術方法です。顎が長く突き出してしまっている、顎が割れている、左右の顎の形が異なっているなどの状態を解消するために行う手術になります。

手術の際は、口の内側から切開することがほとんどのようです。外からは見えない部分を切開するので、傷跡が目立たないのが特徴です。

骨の切除方法にはいくつか種類があり、術前の顎の状態やなりたい形に合わせて使い分けられます。いずれの方法でも、手術時間はだいたい2~3時間ほどかかることが多いです。

顎削りの手術は、ほとんどの場合は全身麻酔の下行われるようです。なので、手術中は意識がありませんから痛みを感じることはありません。

メリット

フェイスラインの骨の形から変わるので、顔の印象が大きく変えられる

骨の上には筋肉や皮下組織、皮膚が覆っています。ダイナミックな骨切り手術をしても、そうした組織がカバーしてくれるので、妙なデコボコができず自然な仕上がりになるとされています。変化が自然でありながら、しっかり変わるのが骨切りの効果です。

効果が半永久的。ヒアルロン酸やボトックス注入のように一定期間で元に戻る心配がない

ヒアルロン酸やボトックス注入などは、一定の時間が経つと体内に吸収されてしまうので定期的な注入が必要です。維持するための費用も考えると、かなり高額になってしまいます。しかし、骨の場合はそうした定期的なメンテナンスもほとんど必要なく一度手術をしてしまえば一生ものです。

口の内側を切開して手術するので傷跡が目立たない

美容外科手術の中で、最も外側からわかりにくいのが骨切りによる外科手術だと言われています。口の中からアプローチすることが多いため、体の表面に残る傷跡がありません。あってもごくわずかなので、術後に人から分かる状態にはなりにくいのです。女性にとって、顔の表面に傷跡が残ることは大きなリスクなのでそうした心配がないことも安心して受けられるでしょう。

デメリット

骨を削ったり切ったりするので、顎の骨が弱くなるリスクがある

通常の状態であれば手を入れる必要のない骨を削ったり切ったりすることで、あごの骨の耐久性が弱くなってしまう可能性があります。自分が思っている以上にあごは重要な部位で、手や腕に力を入れるときにあごの力を利用していることがあるのです。あごの力が弱まると、うまく力が入らないことがあります。

神経を傷つけてしまった場合、麻痺などの後遺症が起きるリスクがある

あごの骨を削る手術は、全身麻酔で行われることが一般的です。手術中は痛みを感じることはありませんが、神経を傷つけてしまうと麻痺が起こる可能性もあります。

手術の際に、骨から筋肉などの組織を引きはがすため、皮膚のたるみを起す可能性がある

あごの骨を削る際は、骨を露出させなければなりません。骨につながっている筋肉や皮下組織をはがす必要があるのでたるみが起こりやすくなります。特に、年配の人が骨削りをした場合に、そうした現象が起こることがあります。骨を削りすぎた結果、骨髄が露出したり、一度ひきはがした筋肉が癒着したりして顔がひきつれてしまうということも起こりえます。

修正手術が困難

骨は一度削ってしまうと、人工骨を入れるなどの処置は可能ですが、二度と元には戻せません。形に不満が出てきた場合でも、すぐに形を変えることはできないので、骨削りを選択するかどうか、フェイスラインのデザイン、クリニック選びは慎重に行う必要があるでしょう。

垂直骨切り

顎の骨の中間部分を切除し、ダルマ落としのようにして先端部分の骨を詰めて固定することで、顎の長さと、顎先の方向を変えることができます。
水平に切る場合と、V字型に切る場合があるようです。

顎の垂直骨切りについて詳しく見る≫≫

水平骨切り(中抜き)

顎先が後方に向いている場合、骨を水平に切って、切断した先端部分の骨を前方に移動させて固定することで、顎先の方向を整えます。

顎の水平骨切り(中抜き)について詳しく見る≫≫

顎の先端(両側)を削る

主に顎先が前方に突き出している場合や、下方向に伸びていて顔が長くなっている場合に、先端を削ったり切ったりする方法がよくとられます。

顎の先端(両側)を削りについて詳しく見る≫≫

顎削り手術後のダウンタイムや注意点

ダウンタイム

顎削りのダウンタイムは、約1ヶ月程度と言われています。腫れは術後3日目ごろがピークで、その後2~4週間続きます。

手術の後は3日間、包帯などで圧迫固定をします。シャワーやメイク、歯みがきは手術の翌日からできますが、顔が腫れていますし、しばらくは口もあまりなめらかに動かせません。手術の際は人と会わないよう、仕事などは長めに休みを取っておくと安心だと思います。

また、食事は手術当日から可能です。ただ、やはり口が動かせないので、固形物は控えて、おじややゼリーなど、あまり噛まないで済むものを食べましょう。

1~2週間は熱いもの、辛いもの、かたいものは食べられません。

リスクや副作用、後遺症ってあるの?

麻痺が残る可能性がある

手術直後は一時的に腫れやしびれを感じることがあります。多くの場合は、しびれは一過性のもので通常は数カ月でなくなりますが、ごくまれに顔面麻痺などの深刻な後遺症が起こることもあります。中には左右非対称になってしまったというトラブルも。技術と経験が不足している医師による施術の場合は、そうしたリスクが起こる可能性は否定できません。クリニック選びが肝要なのです

たるみや引きつれが起こることがある

骨を削るためには、骨を覆っている皮膚や筋肉、皮下組織を一度はがさなければなりません。そのため、再度縫合したとき皮膚がたるんでしまうことがあります。骨を削りすぎて、露出した骨髄に組織が癒着してしまい、顔がひきつれしまったというケースも報告されていています。引きつれを起こさないためには、骨の削り加減を調整する医師の技術が必要です。骨を削って1年以上経っても、皮膚の感覚がおかしい場合には、定期的なステロイド注射やマッサージなどの対処をしていきます。非常に手間がかかる上、精神的な負担も大きいものです。

たるみや引きつれは、手術を受ける人の年齢や皮膚の状態によっても起こる可能性は大きく変わります。30歳未満の若い人であれば、たるむ量は少ないですが、それ以降の年代の人の場合は強いたるみが出ることもあるようです。皮膚の状態や性質には個人差があるので、単純に年齢で区分をすることは難しいでしょう。たるみが気になる場合は、リフトアップや皮膚の引き締めなど別の施術が必要になることもあり、思っていた以上に費用がかかることもあります。

感染症や化膿を起こすことがある

手術中は抗生剤を点滴するなど、感染症への対策は十分行われています。しかし、体調などによってはごくまれに傷が化膿してしまうこともあります。細菌が体内に侵入して化膿すると、高熱が出て、痛みや赤みを帯びたり、傷口から腐敗臭がしたりすることもあります。虫歯がある場合は、感染症のリスクも高まるので、手術を行う前に虫歯の治療を行います。また、一般的な血液検査と感染症の検査も行います。口の中を清潔に溜まっておかないと、感染症や化膿のリスクが高まるので、術後は口腔ケアに気を配って清潔を意識しましょう。

韓国で手術すると安いって聞いたけど?

美容大国の韓国は、美容整形をしている人が多いことでも有名です。成人のお祝いや、就職のために整形をするなんていうことも一般的。美容整形はファッションの一部なので、一般人の美容整形に対する意識は日本人とは異なります。韓国ほどではないにしても、最近は日本でも美容整形が浸透しつつあります。美容整形手術に関しては、日本よりも韓国で受けた方が渡航費を考えても費用を安く抑えられるため、韓国で小顔矯正手術を受ける人は増えているといいます。でも、安全性は大丈夫なのでしょうか?

実は、韓国で行われている骨を削る手術のうち、約半数の割合で顔面麻痺などの後遺症が残るというデータがあります。また、言葉のハードルは侮れません。意思疎通が難しいのでカウンセリングの際の不安も残ります。失敗した場合、韓国の施術方法は日本とは異なるので、日本では修正ができなかったり、修正そのものを断られたりしてしまうことがあります。韓国の小顔矯正手術では多くの場合、エラ削りと同時に輪郭の手術が行われています。エラ骨を神経ギリギリまで削るので、神経を傷つけてしまう可能性も高いようです。麻痺が起こってしまった場合は、修正手術をしても治らないケースもあります。いくら安くても、顔面麻痺が起こったり、皮膚が引きつれたりしてしまっては代償が大きすぎます。美は安全性が確保された上に成り立つものです。小顔矯正手術は日本で受けた方が安心でしょう。

二重あご撃退!小顔になる美容整形の種類まとめ

小顔は美人の象徴と考える女性は大変多いです。小顔になるために様々な施術や美容整形の情報が飛び交っているように思えます。その中でも二重あごに悩む女性は後を絶ちません。二重あごの原因として考えられるのが、脂肪のつきすぎやたるみ、むくみなどです。これらを解消するためには、生活習慣や食生活を見直すことが大切です。しかし、それだけでは頑固な脂肪をとりのぞけないケースも…。そこで、解決策として挙がってくるのが"美容整形"です。ドクターの力を借りることで、セルフケアでは絶対に手に入れられないような効果を得ることができるため、多くの女性が美容整形を頼りにしているように思えます。そんな女性たちのために、今回は、二重あごを解消するために受けるべき施術内容や、費用の目安などについて紹介します。

BNLS小顔注射

BNLS小顔注射は顔専用の脂肪溶解注射です。植物由来成分でできているため、注入時の腫れや痛みが少ないといわれています。また、BNLS小顔注射はリンパの流れを良くするため、顔に溜まりやすい老廃物を排出して、引き締めることができます。その結果、なかなか解消されないたるみや、二重あごをすっきりさせていきます。また、BNLSには以下の数種類の植物由来成分が含まれています。

  • セイヨウトチノキ
  • アデシノン三リン酸
  • チロシン
  • ヒバマタ
  • ペアシアグルミ
  • カラクサケマン
  • オキナグサ

ここでBNLS小顔注射のメリット、デメリットをみていきましょう。

メリット

ダウンタイムがほとんどない

美容整形を受けたい!と思う方がまず考えるのは"ダウンタイムについて"ではないでしょうか。大がかりな施術の場合、腫れが何週間も続くことがあります。長期休みがとれない方にとっては大変悩ましい問題だと思います。しかし、BNLSは注射をしてからほとんどダウンタイムが無いといわれています。個人差はあるものの、多少腫れたとしても翌日~2日後には腫れが目立たなくなるようです。また、万が一腫れたとしても、ちょっとむくんだ程度なので、さほど心配する必要はないでしょう。ダウンタイムがないことから気軽に施術を受けられると考えられています。

施術時間が短いため忙しい方でも受けられる

BNLS小顔注射は早くて15分程度で施術が終わります。クリニックによって多少時間は異なりますが、注射を打つだけの簡単な施術になるため、忙しい方でも時間をとることなく施術を受けることができます。

痛みが少ない

BNLS小顔注射は、多少の痛みはあるものの、我慢できないほどの痛みではありません。一瞬で終わるため、痛みに対する恐怖心がある方でも大丈夫です。注射を刺すときにチクッとした痛みがありますが、献血と同じような感覚なので心配するほどではありません。また、液体を顔に注入する際に多少痛みが生じますが、こちらもあっという間に終わりますので、あまり心配なさらないでくださいね。痛みが長引くこともなく、数分で終わる痛みなので、普通の注射とあまり変わらないと思っていれば安心かと思います。それでも痛みが心配な場合は、クリニックによっては痛みを最小限に抑えた注射針を使用しているケースや、麻酔を使えることもありますので、カウンセリング時に相談すると良いでしょう。

早い段階で効果を感じられる

従来の脂肪溶解やボトックス注射などは、施術してから3週間~1、2ヶ月経過しないと効果を感じられませんでした。一方、BNLS小顔注射は、早い方で施術後1週間くらいから効果を実感できるようです。せっかく施術をしても効果が現れるまで時間がかかってしまうと、待っているまでの時間がもどかしいですよね。BNLS小顔注射は個人差がありますが、大体1週間程度で効果を実感できる方が多いため、早めに効果を得たい!と考える方にとって最適な方法といえるでしょう。

気軽に施術を受けることができる

美容整形でどれだけ美しくなるといわれても、大がかりな手術が伴うとなるとそれだけ施術を受ける勇気が必要になりますし、万が一のことを考えると躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。その点、BNLS小顔注射は、時間もかからずダウンタイムも少ないことから比較的気軽に施術を受けることができます。BNLS小顔注射は、精神的な負担も少ないことから余計な不安や恐怖を抱く必要もありません。この点が最大のメリットといえるでしょう。

デメリット

永久に効果を維持することはできない

BNLS小顔注射は、時間の経過と共に体内に吸収されてしまいます。そのため、どうしても継続して施術を受ける必要があることを覚えておかなければなりません。人によって、施術を受ける頻度や回数は異なりますので、初回の時点でドクターに相談することをオススメします。

場合によっては他の施術のほうが適していることも

二重あごを解消するための方法として、他の施術が適している場合も考えられます。BNLS小顔注射の良い点は気軽に受けられること。しかし、先ほどもお伝えしたとおり永久にその状態が続くわけではありません。場合によってはもっと良い施術方法があるかもしれませんので、一度検討してみると良いでしょう。

本数によっては費用がかかる場合も

BNLS小顔注射は、施術を受ける人の二重あごやたるみの状態で必要になる本数が変わってきます。5本で十分な方もいれば15本以上の本数が必要になることもあるでしょう。そうなると、必然的に費用がかかってきてしまいます。1ccあたり数千円と聞くと一見安いように思えますが、本数によっては費用がかかる場合もありますので、本当にBNLS小顔注射が適した施術方法であるかどうか今一度検討する必要があるでしょう。

費用の相場

BNLS小顔注射の費用相場は、1cc3,000円~4,000円くらいです。人によって、必要になるcc数が変わりますので、ドクターと相談の上、必要な数を決めていきます。

小顔レーザー

小顔レーザーは、クリニックによって種類や名称が異なりますが、基本的には超音波の力でたるみを改善し、リフトアップを目指して二重あごを解消していく内容になります。ここでメリット・デメリットを確認していきましょう。

メリット

即効性がある

小顔レーザーの場合、施術後すぐに効果を得られる点が最大のメリットです。また、効果の高いものですと1年に1回か2回の施術で効果を持続させられるため何度もクリニックに通う必要がなくなります。

 

痛みが少ない

BNLS小顔注射に比べて、さらに痛みが少ないと感じる方が多いようです。

 

デメリット

小顔レーザーの種類によっては、何度もクリニックに通わなければいけないケースも出てきます。また、思ったより二重あごが解消されなかった…というケースもあるようです。

 

費用の相場

クリニックで扱うレーザーの種類によって費用は変わってきます。1回10万円~15万円のクリニックが多いように見受けられました。基本的にたるみや二重あご改善に効果的なレーザー治療の場合、数十万円の費用がかかることが予想されるでしょう。

まとめ

二重あごを解消するための施術法として、BNLS小顔注射と小顔レーザーの詳細をお伝えしました。どちらもメリットとデメリットがありますので、ご自身の状況に合わせて施術する方法をお決めいただければと思います。ご自身で決めかねるときは、まずは気になるクリニックをいくつか決めて、カウンセリングを受けてみましょう。費用面や効果についてなど知りたいことを聞きながら相談してみてくださいね。