名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

頬骨弓部切り

頬の横にある弓のような骨を削ったり切ったりして頬骨を目立たなくする、頬骨弓部切りについて、費用やダウンタイム情報などをまとめています。

頬骨弓部切りとはどんな手術?

頬骨の中央から耳の方へつながっている弓のような骨を調整することで、頬を目立たなくし、顔を小さく見せる手術法です。耳の上部の目立たない場所から切開して頬骨弓骨膜下で剥離をし、骨の表面を削っていきます。頬骨弓骨の厚みは3〜5ミリ程度あると言われ、表面を削って2ミリ程度は薄くすることが可能です。

2ミリ程度削っただけでは効果が見られないケースでは、弓骨の耳側と頬骨体部側の2カ所で骨切をして弓骨を切り離し、内側へ位置をずらすことで頬骨を引っ込めて固定します。その際、口の中から切開を行うこともあります。弓骨を内側へずらしたことで生じた段差は表面を削って整えて自然に仕上げます。

どんな人に適している手術なの?

頬骨が横に張り出しているため、顔の横幅が広く見えることでお悩みの方に適しています。頬の中央から耳に向かって伸びる頬骨弓部は表面を削っても2ミリ程度しか変化がありませんが、頬骨弓骨を切り取って内側へずらして固定し表面を整えていくと、横へ張り出した頬骨がかなり目立たなくなります。

メリット&デメリットは?

【メリット】

  • 横へ張り出した頬骨が引っ込んで、確実に小顔になれる。
  • ゴツゴツとした印象のフェイスラインが女性らしくなる。

【デメリット】

  • 耳の上あたりから切開するので傷が残る。
  • 高度な技術を必要とするため、医師によって仕上がりに差がある。
  • ある程度は腫れや痛みが出るのでダウンタイムが必要。

費用やダウンタイムについて

【費用】

140万円前後

【ダウンタイム】

術後3日間はバンテージで固定が必要。腫れが引くまでに1〜2週間かかる。抜糸が必要な場合は10日〜2週間後に行うのが一般的。術後2週間から3ヶ月くらいは、頬の感覚が鈍くなったり、しびれが生じる場合がある。