名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

頬骨

ここでは、小顔整形の一つである頬骨削りの費用目安を紹介します。また、手術の方法やメリット・デメリット、ダウンタイムについても調べてみました。

頬骨削りの名医がいる評判の小顔整形クリニックはこちら>>

小顔整形術・頬骨削りの費用目安など

頬骨削りの手術費用は、エラ削りの価格とほぼ同程度か少し高めになるようです。当サイトでご紹介しているクリニックの費用を見てみると、

最も安いところで、374,000円~
最も高いところで、1,800,000円となっていました。

100万円以上の費用が必要になるケースが多いようですが、70万円以上~140万円程度を目安にしてみて下さい。

メリット

  • 骨を削るので、効果が半永久的に継続すること
  • 女性らしい印象の顔になる  …など

デメリット

  • 頬骨はとても薄く、数ミリ単位でしか骨を削り取ることができないため、失敗すると骨が欠ける可能性がある。
  • 高い技術力を必要とする手術なので、医師の腕前によって結果が分かれやすい。
  • 頬骨だけを小さくすると顔のバランスがおかしくなってしまう場合があるので、全体的な印象についても考慮が必要  …など

顎やエラ削りと同じように、骨を削る手術は高い技術が必要になるので、医師選びやカウンセリングを充分に行い、きちんと納得した上で手術を行うことが重要になります。

頬骨削りの手術について

頬骨削りの手術は、文字通り頬の骨を削り取って輪郭を整える整形手術です。

頬骨が横に張り出していると顔が大きく見えるだけでなく、きつい印象を与えてしまいがちですが、この部分を整えると顔全体がスッキリ細く、柔らかい印象にできます。小顔整形の代表的な治療です。

頬骨は、顔の内側にある頬骨体部と、横に張り出している頬骨弓部という部分に分かれています。頬骨削りをする場合、基本的にこの2つの部分に施術をすることになります。

しかし、体部はともかく、弓部はもともとの厚みが5~7mmほどの薄い骨のため、削ってもあまり大きな変化は得られません。そのため、より確実に小顔矯正を行えるよう、頬骨削りでは以下の手術方法がとられることが多いようです。

頬骨体部を削る(頬骨体部切り)

口の中(上顎部分)を切開して、頬骨を削る方法です。頬骨が前方に張り出していて、高さがあるのが気になっている場合は、この方法でも変化が得られます。

頬骨体部切りについて詳しく見る≫≫

頬骨弓部を内側へ移動させる(頬骨弓部切り)

口の中(上顎部分)を切開し、体部~弓部にかけての部分を切除するとともに、耳の前(もみあげあたり)を1~1.5cmほど切開して、弓部の付け根を切り、弓部全体を切り離します。切り離した弓部を、顔のより内側へ移動させて固定することで、横への張り出しを減らし、顔の幅を小さくすることができる方法です。

この他にも、体部・弓部の両方を削る方法、切除ではなく骨折させて内側へ移動させる方法など、いくつかの方法があり、頬骨の状態や医師によって変わるようです。

手術時間は2時間程度が目安です。また、手術は全身麻酔で行うことがほとんどですが、その場合も当日の帰宅が可能です。

頬骨弓部切りについて詳しく見る≫≫

頬骨削りのダウンタイム

頬骨削りのダウンタイムは、強い腫れが引くまでに2~4週間程度、完全に腫れが引いて馴染むまでには、数ヶ月~半年程度が必要となります。

手術直後~数日間は、腫れを早く引かせるために、バンテージなどでの圧迫固定を行います。

骨を露出させるために表情筋や神経を剥がすので、術後しばらく、顔に一時的なしびれや感覚の鈍りが出ますが、だいたいは時間が経つにつれ、徐々に戻るようです。

また、顎削りやエラ削りと同じように、術後は口が開けづらくなります。食事は流動食で、熱いものや辛いもの、かたいものなどは避けましょう。シャワーなどは手術の翌日から可能です。