名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ 名医を全部見せます!小顔整形(顎・エラ・頬骨)ナビ

顎・エラ・頬骨の整形手術が得意な名医を徹底リサーチ

頬骨体部切り

頬骨が目立つことで悩んでいる方に適用される、頬骨体部切りの手術とはどのようなものなのか、費用やダウンタイムなどをまとめて紹介しています。

頬骨体部切りとはどんな手術?

横への張り出しが少なく、頬骨が前へ出ているケースでは、突出している頬骨体部を削って修正する手術が有効です。口腔内の上顎の粘膜を左右5㎝ほど切開して、そこから器具を入れて頬骨の骨膜下を剥離、咬筋の一部も切り離して頬骨全体を露出します。電動のラウンドバーなどを使って頬骨の出っ張った部分を削っていく手術です。

頬骨は厚みがあるので、5ミリほどは削ることが可能。全体を平たんに削るというより、曲面を自然に残しながら削っていきます。

どんな人に適している手術なの?

頬骨が前方または斜め前方向へ飛び出していて目立つ方、頬骨が飛び出しているためにゴツゴツとした印象を与えてしまう方などに適している手術法。年齢を重ねるとともに、頬の脂肪が減って頬骨が目立つようになってきた方にもおすすめの方法です。

メリット&デメリットは?

【メリット】

  • 頬骨の出っ張りが自然に目立たなくなる。
  • 頬やこめかみがこけた印象がなくなり、若返り効果も期待できる。

【デメリット】

  • 前へ飛び出した部分を削るので、横への張り出しには効果はそれほどない。
  • 医師の技術によっては、左右の差が出てしまうことがある。
  • 削っただけでは頬骨が再生してくることがある。

費用やダウンタイムについて

【費用】

100万円前後

【ダウンタイム】

術後3日間はバンテージで圧迫固定し、1〜2週間ほどで腫れが残る可能性がある。抜糸が必要な場合は術後10日から2週間後くらいに行う。食事には2週間ほど注意が必要で、毎食後に口腔内を消毒する。術後2週間〜3ヶ月ほどは、頬の感覚が鈍くなったり、しびれが起こることがある。